HOME > 受験対策 > 苦手科目の克服法 > 文系:文学部 教科書の効果的な使い方

苦手科目の克服法(文系)
文学部
教科書の効果的な使い方

A.O さん
文学部
愛知県立明和高校 出身
2018年度 河合塾 千種校 出身高校グリーンコース
河合塾の高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

私が高3になった時点で最も苦手だった科目は、世界史でした。

私が世界史を選択した理由

センター試験を世界史と地理で受けることは、比較的早い段階から決めていましたが、二次試験を世界史で受けようと決めたのは高2の冬でした。
実は地理の方が得意だったのですが、京大の地理は難しく、世界史の方が簡単らしいという噂を聞いたためです。

しかし、その頃の私は高校の世界史をおもしろいと思えず、勉強にも身が入っていなかったため、かろうじて定期テストを乗り切ってきただけという状態でした。
勉強法もわからないまま、何も進歩していない状態で受けた高3の4月の考査では、世界史の点数は理系の生徒と合わせた平均点に届くか届かないかという、京大志望とは思えないような点数を叩き出してしまいました。

私が実践した世界史の苦手対策

さすがにこれではマズいと思って、いくつかの対策を講じました。

世界史は「語句を暗記する科目」ではなかった

私が実践した対策は、 (1)河合塾で世界史の講座を受講する (2)高校の授業をちゃんと聞く (3)プリントを見直すなどして習ったところを復習する などです。

そのなかで気づいたのは、世界史は決して語句暗記ゲームではないということです。
定期テストなら語句を覚えて解答欄に書いていくだけでどうにかなったりしますが(実際、高2の頃はそれでどうにかしていました)、論述をする場合には語句の知識だけでは文章がつくれません。

どれだけ語句を知っていても、歴史の流れをきちんと押さえてからでないと、その語句について、さらにそれに関連する事項について正しく説明することができないのです。
歴史が時間の流れのなかにあるさまざまな出来事をあつかうものである以上、これは当然と言えば当然なのですが、意識しているのといないのとでは勉強の仕方や効率が変わってくるのではないかと思います。

教科書を読むべき理由

歴史の流れを知るのに最も良い教材は教科書です。世界史のプロフェッショナルたちが試行錯誤しながら作っているからです。実際、高校の先生にも河合塾の講師にも「教科書を読もう」と言われました。

初めは、「先生の話を聞く方が堅い教科書を読むよりもわかりやすいのに」と思っていたのですが、読んでみると確かに教科書は客観的で内容もすっきりしていました。
注意してほしいのは、授業よりも教科書がよいという話ではなく、授業を聞いたうえで教科書を読むと流れが頭に入ってきやすいということです。

私はこれに気づいてからは、電車の中や風呂上がりなどの隙間時間に教科書を読むようになり、重要な語句とともに、歴史の流れが理解できるようになりました。

論述対策のポイント

二次試験を乗り切るにはアウトプットの訓練もしなければいけません。私は基本的な流れが理解できるようになった夏過ぎから、論述用の問題集や京大の過去問を使って少しずつアウトプットができるようにしていきました。

アウトプットの注意点として、論述を書いたらできるだけ先生に見てもらい、客観的に評価してもらった方が自己採点するよりもよいです。河合塾の授業を取れば添削が受けられると思いますので、活用できるものはどんどん活用しましょう。

世界史は勉強しただけ伸びる科目

世界史は正しく学習すればその分だけ伸びていく科目だと思います。高3の4月に散々な結果を叩き出した私でも、1年間勉強をして二次試験本番では7割を取ることができました。世界史のおかげで合格できたといってもよいくらいです。

だから、これまで世界史をきちんとやってこなかったという人こそ、教科書を何度も読んで最大限活用することをおすすめします。頑張ってください。

河合塾の高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース
大学受験科(高卒生対象)
再スタ-トする高卒生を京都大学"合格”へと導く河合塾のコース

理系の先輩の記事を読む

苦手科目を克服しよう!

苦手科目は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の京大対策の授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

苦手科目の克服法トップへ戻る

理系の先輩の記事を読む

苦手科目を克服しよう!

苦手科目は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の京大対策の授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 苦手科目の克服法 > 文系:文学部 教科書の効果的な使い方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.