HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・高2生がやるべきこと > 京大の問題を解く? 解かない? 高1・高2の過去問との向き合い方

京大生に聞く!高1・2生がやるべきこと
京大の問題を解く? 解かない?
高1・高2の過去問との向き合い方

A.Y さん
農学部 資源生物科学科
静岡県立浜松北高校 出身
2016年度 河合塾 浜松校 在籍大学受験科
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

受験勉強を始めて、あるいは周りの子たちが過去問集を持っているのを見て、「早く過去問をやった方がよいのかな」と不安になっている人も多いのではないでしょうか。
過去問をいつから解くかについては、いろいろな意見の人がいますが、今回は私の思う高校1年・高校2年での京大の問題との向き合い方を紹介します。

京大の問題を解くメリットとは

「何となく」ではメリットは薄い

まず、京大レベルの問題を解くメリットですが、これは出題方法やレベルをつかめること、実力が伴っていればよい練習問題になることではないかと思います。

しかし、あまりに力がない状態で取り組むと、練習にならないどころか、今の自分の実力との差すらつかめません。
「よくわからないけど過去問をやってみる」とか、「京大対策模試を受けてみる」というくらいなら、もっと基礎的な演習問題を数多くこなす方が有意義な時間の使い方だと思います。

実力が伴って初めて過去問演習が活きてくる

私は浪人して合格しましたが、たくさん演習して、何となくではなく問題がきちんと解けるようになって、そこで初めて模試や過去問が活きてくるのだと強く感じました。
実際、実力が伴っていないのに京大対策模試を受けたり、難しめな問題集をやってみたりしていた高校3年の自分は、合格から程遠いものでした。

ですから、私は高校1年・高校2年の時点で無理に京大レベルの問題を解く必要はないと考えます。

本格的な過去問演習は実力がつくまでとっておこう

早くに京大レベルの問題を解かなくてよいと思うもう一つの理由として、「実力がついたとき、二次試験前に初見で解く問題をとっておきたい」というのが挙げられます。

難度の高い問題は数多くありますが、京大入試形式の問題はそれほどたくさんありません。ですから、出題形式やレベルの把握のために1,2回分解いてみるのはよいとしても、それ以上を早い段階でやるのはあまりおすすめできません。

おすすめの過去問を解き始める時期

では、解き始める時期についてですが、高校3年の夏の京大対策模試の前までに一度は見ておいた方がよいと思います。もう力がついていれば、その後は解き始めてもよいでしょう。

力がついていなければ、模試を受けた後、まずは過去問ではない問題演習に戻った方がよいと考えます。過去問に取り組むのは、力がついた時点からにした方がよいです。

過去問演習のポイント

本格的に過去問演習を始めるときには、まず、「問題を理解して解ける力があるか」を確認して、解けないときはいつまでも考えこむのではなく、解説を見てから自力でも答案をつくってみる、という方法を繰り返してください。

英語は形式が変わっているので注意が必要ですが、基本的に添削してもらうとよいと思います。過去問の使い方に関しては、「京大合格者の過去問活用法」のページで紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース
冬期・直前講習の効果的な受け方

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・高2生がやるべきこと > 京大の問題を解く? 解かない? 高1・高2の過去問との向き合い方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.