HOME > 受験対策 > 京大受験生のあの時こうすりゃよかった! > 数学の基礎を固めておけばよかった!

京大受験生のあの時こうすりゃよかった!
高校1・2年生
数学の基礎を固めておけばよかった!

法学部 S.Tさん

わたしが「あのときこれをやっておけばよかった!」と思うのは、数学の基礎を固めておくことです。

基礎が身についていなければ応用問題は解けない

わたしは数学がとても苦手で、高1・高2で習う基礎部分をきちんと理解できていなかったために、高3になり応用問題を多数解くようになってからとても苦労しました。

河合塾の講師の方が言われていましたが、数学の応用問題というのは基本的な解法を組み合わせることで解けるようになっています。そのため、基本的な解法が身についていなければいくら応用問題に取り組んでも解けないというわけです。

実際、わたしは浪人したとき、河合塾の基礎シリーズ(1学期)のテキストを徹底し、数学の基礎力を身につけたことで入試本番を乗り切ることができました。

京大数学では一般に、比較的易しい解けなければならない問題と、難問とがあると思います。わたしは前者を確実に取ることを目標にし、難問は「解けたらいいな」くらいのイメージでした。本番では前者2問を解くことができました。

数学の基礎力のつけ方

数学の基礎力を身につけた方法についてですが、わたしは浪人中、河合塾のテキストを何周も解いて解法を頭に叩き込みました。使用したのは基礎シリース(1学期)のもので、これは入試本番までずっと続けました。

わたしは基礎力が圧倒的に不足していたので、応用力が問われる完成シリーズ(2学期)のテキストは授業時に理解に努める程度で、浪人時の1年間はずっと基礎シリーズの復習ばかりやっていました。さらに、浪人時は京大数学の過去問も解きませんでした。

その際意識したのは、なぜその解法なのかを考えることです。それを理解しなければ、類題に当たったときに解けない可能性があります。もしわからない場合は、問題文のどこからその解法を使えば良いとわかるのか、を講師に聞くことをおすすめします。

高校生の場合は、『チャート式』シリーズ(数研出版)や『Focus Gold』(啓林館)といった参考書を利用していると思いますので、なぜその解法なのかという、解法ポイントをしっかり理解することを意識するとよいと思います。

上記の参考書はかなり網羅的に解説されていますので、いくつも手を出さず、どれか1冊に絞って何度も取り組み、確実に力をつけていく方法がおすすめです。実際わたしは現役時代にあれこれ手を出しすぎてどれも中途半端になってしまいました。

いつから取り組むべきか

対策を進める時期についてですが、早いに越したことはないので、数学を苦手だと感じている人は1年生から取り組んだ方が良いと思います。
しかし、2年生や3年生の人であっても、遅すぎることはありません(現にわたしは浪人してから基礎を固めました)。

3年生になってしまったからといってむやみに応用問題を解こうとするのではなく、応用にかける時間が少なくなったとしても基礎に時間をかけることを強くおすすめします。

数学が弱くても、基礎を固めることで合格への道は見えてきます。数学が苦手な一人として、心から応援しています。

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 京大受験生のあの時こうすりゃよかった! > 数学の基礎を固めておけばよかった!
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.