HOME > 受験対策 > 京大受験生のあの時こうすりゃよかった! > 高校1・2年生 英単語を早くからやればよかった!

京大受験生のあの時こうすりゃよかった!
高校1・2年生
英単語を早くからやればよかった!

農学部 A.Yさん

今回は、本格的に受験勉強をスタートする前にやっておけばよかった、と私が思うことについて書いていきます。

何よりも英単語!

早くから英単語に取り組めばよかった

勉強関連では、何よりも英単語の暗記です。私は高校3年生の途中から英単語の暗記に本気で取り組みだして、英語に対する苦手意識が一気になくなりました。

それまでは、何となく英単語を避けて文法の参考書ばかりやっていたので、先に単語にすればよかった、という後悔があります。
もちろん文法も大事ですが、私は文法の演習問題に出てくる単語すらわからないレベルだったので、効率が悪かった気がします。

始める時期は早いに越したことはなく、高校に入った瞬間から始めるくらいでもよいと思います。また、遅すぎることもないので、英語はあんまり……という人は、今から始めてみてください。

英単語のおすすめ勉強法

英単語の勉強法は人によってさまざまですが、参考までに私のやり方を紹介します。
私は高校で使用していた『DUO3.0』(アイシーピー出版)と自分で買った『データベース』シリーズ(桐原書店)、『ターゲットの友1900 英単語アプリ』(旺文社)を使っていました。

『DUO3.0』は文を暗記して、その中の単語や熟語を覚えていくタイプの単語帳です。一つの例文で数個の単語を覚えられて良かったのですが、これだけだと単語を見た瞬間に日本語が浮かぶようにはならなかったので、その訓練を『英単語ターゲット1900』のアプリでやりました。
『データベース5500合格英単語・熟語』は、難しい単語にも手を出してみようと思って取り組みました。

大学入試では、書けないといけない単語はそれほど多くないので、意味のわかる英単語を増やしていくという意識で大丈夫です。日本語の部分を隠し、英単語を見て意味を言う、または書く、という作業を繰り返し、なかなか覚えられないものにはチェックをつけていました。

やっていくうちに自分に合う方法も見えてくるので、そういった意味でも早く始めるのは有意義だと思います。

好きなことに割く時間を大事にすればよかった

勉強以外では、趣味、遊び、教養のための時間をもっととればよかったと感じています。このあたりのことは、確かに大学生になったらいくらでもできることですが、高校生のときにやることに意味があると、大学生活をある程度の期間過ごした今だからこそ思います。

私は今3回生で、もうじき4回生以降に分属される研究室が決まる時期ですが、未だに、「各専門分野には、私の知らないことも、誰もわかっていないこともたくさんある」ということくらいしか知りません。
そんな未知の世界に飛び込む際に、何に従って決めるかといったら、これまでの経験や学びから生じる興味ではないかと私は思います。

高校1,2年生の皆さんも今のうちに、好きなことに時間を割いて自分の引き出しを増やしてください。理系/文系、役に立つ/立たない関係なく、興味のあることに手を出してみてください。

一見関係なさそうな経験や知識や、考えるための精神的、身体的な余裕が、大学や学部、進路を選ぶ際にきっと役に立ちます。そのために時間を割く勇気を持ってほしいと思います。

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 京大受験生のあの時こうすりゃよかった! > 高校1・2年生 英単語を早くからやればよかった!
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.