HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > 勉強の息抜き方法 文系:教育学部 モチベーションにつながる気分転換

京大受験を乗り切るために(文系)
勉強の息抜き方法 教育学部
モチベーションにつながる気分転換

平田さん
K.H さん
教育学部
広島県 広島大学附属高校 出身
2018年度 河合塾 広島校 出身高校グリーンコース
河合塾の高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

受験勉強に疲労やストレスはつきものです。それを解消するための手段として、今回は、「その場で簡単にできる気分転換」と、「1日かけてじっくり休みを取る方法」を紹介します。

勉強中にできる気分転換

モチベーションアップに役立つ息抜き方法

まず、僕が自習室などで勉強中、集中力が切れたときに行っていたのが、「受験対策記事を読む」ことです。今皆さんが見ている「京大塾」をはじめとして、WEBサイトや受験情報誌など、体験談や各科目の対策法などの記事はたくさんあります。

そのなかには自分の勉強に取り入れられそうな有益なものもありますし、モチベーションアップにつながるものも多いです。そういった記事を読むことで、よい休憩になるうえに、その休憩時間を無駄にすることなく自分の学力向上につなげられます。

勉強から離れたいときの息抜き方法

受験のことをまったく考えたくないときは、音楽を聴きながら散歩していました。ブース式自習室にいるときなどは窮屈に感じて疲れやすかったので、体を動かすというのは非常に大事でした。

このとき、音楽は激しめの洋楽を聴いていました。もちろん自分が好きな曲を聴けばよいと思いますが、アップテンポな曲の方が気分が盛り上がって、やる気も出てきます。散歩ついでにコンビニに寄って甘いものやコーヒーなど買うのもよいかもしれません。

本当に勉強したくないときの気分転換法

次に、「本当に勉強が嫌になって、今日は勉強できそうもない」というときにゆっくりと気分転換するのにおすすめの方法を紹介します。
それは、「場所を変えて勉強する」ということです。

「結局勉強するのかよ」と思われたかもしれませんが、僕はかなりの心配性だったので、1日でも勉強から離れることができませんでした。
もちろん切り替えが上手な人は、1日ゆっくり好きなことをするのも効果的かもしれませんが、僕と同じように心配性の人は、ぜひ勉強する場所を変えてみてください。

「毎日同じ景色で勉強している」ということがモチベーション低下につながっていることも多いはずなので、カフェなど普段と違うところで勉強するのは効果的だと思います。
また、その際は集中力が必要な記述系ではなく、負担が少ない暗記系の勉強にすると、ハードルも低くてよいでしょう。

息抜きなしで勉強は続かない

今回一番伝えたいことは、息抜きは絶対に必要だということです。どれだけ熱意があっても、息抜きなしで勉強し続けられる人はいません。むしろリフレッシュせずに勉強をするとどんどん効率は落ちていきます。

息抜きの仕方はひとそれぞれあると思いますが、ぜひ自分にあった方法で上手に休憩して、効率的に勉強してください。

河合塾の高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース
河合塾の大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を京大“合格”へと導く河合塾のコース

理系の先輩の記事を読む

京大受験を乗り切るためにトップへ戻る

理系の先輩の記事を読む

冬期・直前講習の効果的な受け方

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > 勉強の息抜き方法 文系:教育学部 モチベーションにつながる気分転換
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.