HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > 2学期以降の過ごし方 文系:文学部 2学期にやるべき応用力のつけ方

京大受験を乗り切るために(文系)
秋以降の過ごし方 文学部
2学期にやるべき応用力のつけ方

A.O さん
文学部
愛知県立明和高校 出身
2018年度 河合塾 千種校 出身高校グリーンコース
河合塾の高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

高3の2学期になると部活を続けていた人も引退し、高校生活最後の文化祭も終わっていき、高校のクラスにも塾にも本格的な受験モードの雰囲気が漂い始めます。

周囲が一気に受験モードに変わる時期

私の高校では9月前半に文化祭が終わった直後から、空気感が一気に変わりました。
朝、いつものように教室に行くと、以前はみんながわいわい話をしていたはずなのに誰もが静かに机に向かっています。友達と話すと浮きます。昼休みに勉強する人も明らかに増えました。

そのような状況に直面したときに重要なのは、「そうか、もうそんな時期なのか、私も本気出さねば」と冷静に受け止め、真剣に勉強を始めることだと思います。

2学期は応用力をつけよう

夏に基礎固めが終わっているとすれば、2学期にやることとしては、応用力をつけることが挙げられます。
当然ではありますが、夏までに基礎固めが終わっていたとしても、現役生の場合まだ過去問は解けない人が多いと思います。京大の問題はそんなに甘くないです。解くためには、基礎力の上に応用力を積み重ねる必要があります。

私がやっていたことを具体的に挙げると、以下のような勉強をしていました。

数学

問題集の「応用問題」くらいの難易度の問題を解き始めました。
私は高校の指定問題集だった『Focus Gold』(啓林館)を使っていましたが、『チャート式』シリーズ(数研出版)など、他の問題集でもよいと思います。

2学期にやっていたのは、問題集の後ろの方に掲載されている「チャレンジ編」の問題です。国公立大学の問題を中心に難度が高めの問題が並んでいます。難しすぎると感じたら前の方にある「マスター編」の対応する問題に戻ってやり直しました。

英語

少し長めの長文を読み始めました。
基本的に、京大のような和訳中心の問題をやるようにしていて、具体的には、2学期の前半は500語程度の問題を多く解き、後半は800~1,000語くらいの問題も解くようになりました。

国語

京大の問題は、解答欄に行こそあるものの実質字数制限なしの記述形式です。
今まで私が解いてきた問題は、「〇字以内で抜き出せ」「△字程度で書きなさい」といったような字数制限型のものがほとんどだったため、なんとなく「○字ならコレとコレを書くのかな」と分かってしまうことが多くありました。

ところが、字数制限がないとそうはいかず、問題を解く際に「これは書くべきか?関係あるのはどちらかというとこっちかな?両方書いてもいいのかな?」と悩みがちでした。
何をどのくらい、どのように書くかの訓練が必要だと思ったので、字数制限のない記述問題に力を入れるようにしていました。

秋の京大入試オープンの捉え方

また、2学期といえば秋の京大入試オープン(模試)という人もいると思います。

「模試があるから勉強する」というのも、モチベーションを上げるのには良いと思いますが、模試がゴールではないこと、受験勉強のゴールは二次試験や合格発表のときであることは決して忘れてはいけないと思います。

入試オープンを受けるのは本番の3カ月以上前のことです。確かに二次試験の判定が出るのはこのタイミングが最後ですが、たとえこの時点でA判定だったとしてもその後勉強しなければ受かりませんし、D判定でもそこから頑張れば合格できるはずです(実際、私はD判定が出ました)。判定に振り回されないよう注意してください。

2学期は何をすればよいか一番迷う時期かもしれません。
人によってやるべきことが違う時期かもしれません。
それでも全員に共通するのは、二次試験本番を見据え、そこから逆算してやることを考えていくべきということだと思います。

河合塾の高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース
河合塾の大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を京大“合格”へと導く河合塾のコース

理系の先輩の記事を読む

京大受験を乗り切るためにトップへ戻る

理系の先輩の記事を読む

冬期・直前講習の効果的な受け方

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > 2学期以降の過ごし方 文系:文学部 2学期にやるべき応用力のつけ方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.