HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > 二次試験 理系:農学部 京大形式の問題にたくさん触れる

冬休み・直前期攻略大作戦!(理系)
二次試験 農学部
京大形式の問題にたくさん触れる

山本さん
やまもと あおい
山本 葵 さん
農学部 資源生物科学科
静岡県立浜松北高校 出身
2016年度 河合塾 浜松校 在籍大学受験科
河合塾の冬期・直前講習(高校生・高校生対象)
河合塾で合格力を高め、いざ本番へ!

二次試験 直前期の過ごし方

病気になりにくい状態を保つこと

センター試験直後から二次試験までの期間、勉強の内容や精神状態ももちろん大切ですが、体調管理も重要だと考えます。

私は受験時、2月10日頃にインフルエンザにかかり、2月中旬の私立大入試に対策もできないまま病み上がりで行く羽目になり、京大の二次試験対策も1週間くらいできませんでした。
幸い京大も私立大も合格しましたが、これが原因で不合格となる可能性もあったのだと思うと、とても怖くなります。

手洗いやうがい、マスク、換気、予防接種などなど、皆さんも対策をするとは思いますが、この時期に疲れていない受験生はほとんどいないはずです。生活リズムを整え、しっかり寝て、病気になりにくい状態を保つことも、勉強と同じくらい大切にしてほしい、とお伝えしたいです。

センター試験後の気持ちの引き締め方

では本題に入ろうと思います。まず、センター試験後の切り替え方についてです。私はセンター試験本番で目標点数を取れたので、安心するとともに少し気が緩みそうになりました。

そこで、京大は二次試験の配点が大きいこと、周りにもっとよい点数の人がたくさんいたこと、浪人していて後がないことなどを改めて自分に言い聞かせ、二次試験の勉強に気持ちを持っていきました。

直前期の京大対策

京大の二次試験対策は、主に『京大の25ヶ年』(教学社)に取り組みました。

国語は、過去問数年分のほか、昔の模試の古文をやりました。
それ以外の科目については、私は過去問をあまり解かずに二次試験の直前期を迎えたので、丁度やりきれるくらいの量が残っており、他のことはあまりしませんでした。

それまでの期間に勉強してきた分があるので、闇雲にではなく、理解して自分で解けている感覚が持ててよかったです。

私立大対策

私立大は、センター利用入試以外で2校出願しました。先に書いたように、1校は体調不良のため対策ができませんでした。
もう1校は、試験が2月の初めだったため、一度過去問を見て一通り解き、試験に備えました。

直前講習の選び方と活用法

直前講習や「京大本番プレテスト」は、自分の力を確認し、穴を埋めるのに役立てました。私は不安だったので全科目の直前講習を取りましたが、「この科目は他の人がいる環境で問題を解いたり、解説を聞いたりしたい」などの目的がある科目を受講するとよいと思います。

最後の一週間の過ごし方

試験5日前からは、新しい問題に手をつけず、河合塾のテキストや模試の問題、解いたことのある過去問を見直すようにしました。
最後の一週間は精神的な辛さもありましたが、緊張して当然、と思って耐えました。

二次試験 直前期の学習計画

計画を立てるときのポイント

センター試験から二次試験の期間は、意外と多くのことができるので焦る必要はないと思います。しかし、やりたいことをすべてやりきって試験を迎えるには時間が足りないので、やはり優先順位を自分ではっきりとつけることがポイントとなります。
この期間を通してだけでなく、週ごと、その日ごとに、やるべきことを把握できるとよいと思います。

勉強内容としては、京大形式の問題にたくさん触れること、今まで解いて間違えた問題を振り返ることなどを中心にしました。教材は、京大の過去問集や京大対策模試の過去問集、塾のテキスト、高校で使っていた問題集があれば大丈夫だと思います。

講習や私立大の試験、センターボケ直しとのバランスなど、考えることは多いので、センター試験前にある程度イメージしておくのもよいかもしれません。

学習計画表

学習計画表
  • ※講習名は現在のものと異なる場合があります。

1日のスケジュール

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習
  • 学習計画表睡眠
1日のスケジュール

文系の先輩の記事を読む

河合塾の冬期・直前講習はこちら!

冬休み・直前期攻略大作戦!トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > 二次試験 理系:農学部 京大形式の問題にたくさん触れる
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.