HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > 二次試験 理系:薬学部 細かい計画修正が合格のカギ

冬休み・直前期攻略大作戦!(理系)
二次試験 薬学部
細かい計画修正が合格のカギ

M.Mさん

M.M さん
薬学部
大阪府 大阪星光学院高校 出身
2014年度 河合塾 天王寺校 在籍高校グリーンコース

二次試験 直前期の過ごし方

センター試験の受け止め方

センター・リサーチが返却されると、志望する学部全体の志望者の中で、自分が何位くらいなのかがわかります。ただ、京大の場合はセンター試験の比重が小さいため、良い結果に越したことはありませんが、悪くても悲観的になる必要はないと思います。

僕の場合は幸運なことに良い結果でしたが、圧縮してみるとたかが数点の差に過ぎませんでした。物理の小問を1つ解けるか解けないかで簡単に埋まる差でしかありませんでしたので、安心するというよりも「勝って兜の緒を締めよ」という感じでした。

二次試験対策

センター試験が終わると、二次試験対策をしていくわけですが、始めの1週間は思うように解けないと思います。以前もお話ししましたが、これはセンター試験の問題形式に慣れてしまっているため、仕方ないことです。

ですのでセンター試験直後は、二次試験の思考型の問題に慣れるところから始めればよいと思います。慣れてから、自分の立てた計画通りに勉強を進めていくとよいでしょう。

不安との向き合い方

また、この時期に大きな問題となってくるのがメンタル面です。

「この勉強をしていて本当に合格できるのか」、「センター試験でマークミスをしていないか」など、不安なことが次々に湧き上がってくると思います。
そのようなとき、僕は思い切って休憩して、友達と話すなどしていました。なぜなら、「勉強しているときにそんな不安が起こるということは、集中できていない証拠だ」と思ったからです。

下校時など勉強していないときに不安になった場合は、なるべくポジティブなこと、たとえば、「あの難しい過去問を解けたから大丈夫」とか「センターなんて終わったこと気にしても仕方ない」と、自分に言い聞かせて、なるべく勉強に集中するようにしていました。

私立大入試

私立大については、入試の雰囲気を知るという目的で同志社大学を受けようと決めました。合格が目的ではありませんでしたので、過去問を解いたりはしませんでした。
しかし結局、前日になって「どうせなら落ちるより受かった方が気持ちいいな」と思い、問題の形式を過去問で確認してから本番に挑みました。

センター試験が終わってから二次試験までは、短いようですが意外と長いです。
体調を崩さないように注意して頑張ってください。

二次試験 直前期の学習計画

計画を立てるときのポイント

センター試験が終わってから二次試験までは40日程度と、意外と時間がありますので、夏休みに計画を立てたのと同じようにしました。
僕はあらかじめ、1日に何をどれだけするか決めてから勉強し、進捗が遅ければ随時修正しながら進めるようにしていました。

また、補習期間は自習に充てられる時間が限られましたので、2日セットにして勉強するというふうに工夫しました。

そのほか、二次試験の配点(薬学部は国語のみ100点、他200点)を考えて、数学・理科・英語にはなるべく満遍なく時間を充てました。しかし理科は、センター試験終了時にまだまだ伸びしろがあると感じましたので、多めに時間を割くようにしました。

学習計画表

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習
  • 学習計画表試験
学習計画表

1日のスケジュール

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習
  • 学習計画表睡眠
1日のスケジュール
  • ※学習時間は、授業を受けている時間を除きます。

文系の先輩の記事を読む

河合塾の冬期・直前講習はこちら!

冬休み・直前期攻略大作戦!トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > 二次試験 理系:薬学部 細かい計画修正が合格のカギ
pageTop
  • 合格実績
  • Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.