HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > センター試験 理系:農学部 苦手分野に繰り返し取り組む!

冬休み・直前期攻略大作戦!(理系)
センター試験 農学部
苦手分野に繰り返し取り組む!

山本さん
やまもと あおい
山本 葵 さん
農学部 資源生物科学科
静岡県立浜松北高校 出身
2016年度 河合塾 浜松校 在籍大学受験科
河合塾の冬期・直前講習(高校生・高校生対象)
河合塾で合格力を高め、いざ本番へ!

センター試験 直前期の過ごし方

今回は、冬休みからセンター直前期にかけての過ごし方ということで、焦ったり不安になったりしている受験生の皆さんの参考材料にしていただけたらと思っています。

私は冬休み前に立てた計画では、12月から二次試験対策と半々くらいの割合でセンター試験対策を始めて、1月にセンター試験対策10割にしようと思っていました。
しかし、実際には冬期講習のテキストを予習段階でできるだけ自分で解き、復習して全部自分のものにしたいと考えたため、それにかなりの時間を使ってしまいました。

結果として、センター試験の目標だった9割は取れましたが、京大が二次試験重視とはいえ、センター試験はできる限り取っておきたいので、みなさんはきちんと対策できるように計画してください。
センター・リサーチでA判定を取って二次試験に臨むことができたり、中後期の試験にゆとりができたり、私立大のセンター利用入試で合格できたりできるからです。

センター試験対策

具体的な対策方法としては、苦手な部分だけを繰り返し取り組むようにしていました。
1科目通して時間を計って解くこともときどきは必要ですが、間違えたり時間がかかったりする分野は大体共通していると思うので、そこに時間をかけた方がよい気がします。

たとえば、私は数学ⅠAの幾何、数学ⅡBのベクトル、英語の大問2と3などの演習量を増やしていました。

また、11月末頃に実施される「全統センター試験プレテスト」は、よかったら安心し、悪かったら本番でなくてよかったとして、とにかく悪い方向には考えないようにしましょう。

京大の二次試験対策

京大の二次試験対策は、ほとんど冬期講習に頼りました。
国語は、現代文はときどき過去問を解き、古文はテキストの復習と過去問をやりました。
英語は継続的に取り組んでおきたかったので、過去問の長文と和文英訳を毎日1つずつ解いていました。

数学と理科に関しては、テキストの予習・復習さえままならない状態でしたので、過去問に取り組んだのはセンター試験後からでした。

私立大対策はどうするか

私は、現役時は京大しか受験しておらず、浪人時は、一応センター利用入試も個別試験も出願していたものの、国公立大の前・中・後期試験のいずれかで合格するつもりだったので、私立大のことはあまり考えていませんでした。

ただ、多くの私立大はセンター試験前に出願することになるので、出願校を決めるときに問題を先に見ておくべきだったな、と後悔しています。

センター試験 直前期の学習計画

計画を立てるときのポイント

私は冬期講習と予習・復習にかなりの時間を使ってしまい、12月にセンター試験対策がほとんどできなかったのが反省点です。
みなさんは、京大が二次試験重視とは言っても、センター試験の対策は12月から二次対策と並行して徐々に始め、1月にセンター試験対策のみにするのがよいと思います。

焦る時期だとは思いますが、やりたいことを全部やるのはおそらく不可能なので、優先順位をきちんと考えながら、こなせる分量の計画を立てて、自信をもってそれをやりきる期間にしてください。

また、センター試験直前の3日間は新しいものに手を付けないように計画を立てて、不安や焦った気持ちにならないようにしました。

学習計画表

学習計画表
  • ※1タームは基本的に5日間、ターム開始から次のターム開始までの期間はおよそ1週間です。
  • ※講座名は現在のものと異なる場合があります。

1日のスケジュール

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習
  • 学習計画表睡眠
1日のスケジュール

文系の先輩の記事を読む

河合塾の冬期・直前講習はこちら!

冬休み・直前期攻略大作戦!トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > センター試験 理系:農学部 苦手分野に繰り返し取り組む!
pageTop
  • 合格実績
  • Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.