HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > センター試験 文系:経済学部 センターで高得点を狙う過ごし方

冬休み・直前期攻略大作戦!(文系)
センター試験 経済学部
センターで高得点を狙う過ごし方

A.Mさん

A.M さん
経済学部
千葉県立千葉高校 出身
2017年度 河合塾 千葉現役館 在籍高校グリーンコース
河合塾の冬期・直前講習(高校生・高校生対象)
河合塾で合格力を高め、いざ本番へ!

センター試験 直前期の過ごし方

私の場合、センター試験のみで使う科目の対策をあまりしていなかったことと、センター試験で納得する点数を取って二次試験への勢いをつけたいという思いが強かったので、冬休みからセンター試験直前期にかけてはセンター試験対策を中心にしていました。
1日の勉強時間のほぼ3分の2程度はセンター試験対策をしていたと思います。

私のセンター試験対策

具体的には、センター試験の過去問はどの教科も基本的に過去10年分を解ききることを目標に解き進め、センター試験の予想問題を解く講習も多く取りました。比較的新しい科目である「理科基礎」や「倫理、政治・経済」は、本試験の過去問が少なかったのでマーク式模試の過去問にも取り組みました。

また、ただ過去問を解くだけでなく、問題を解く→間違った箇所を教科書や参考書で確認する→書き出す、という方法を取っていました。これを続けていると自分の苦手箇所が分かってくるので、それを把握して少しでも知識の穴を埋めることを直前まで続けていました。

メンタル面では、最後までセンター試験に対する不安が消えることはなく、前日も緊張でなかなか寝つけないほどでした。ですが、試験前は誰でも緊張するものだと割り切って過ごすよう心掛けました。

国立大学を受ける人にとって、センター試験は今後を左右する重要な試験です。センター試験の結果次第で志望校が変わってくる人もいるでしょうし、実際私もそうでした。
きっと緊張すると思いますが、それは仕方ないことなので、どれだけその緊張を受け入れられるかが大事だと思います。

冬休みの二次試験・私立大対策

冬休みからセンター試験直前期の二次試験対策は、塾の冬期講習を中心に行っていました。
なるべくセンター試験対策に集中したかったので、自分で勉強する際には講座の予習・復習程度にして、過去問に新しく取り組むことはしませんでした。
ただし、記述だけはきちんとこなしたかったので、短い時間・演習量でもしっかり文章を書くよう意識しました。

私立大対策も二次試験対策と同様に、過去問に新しく取り組むことはしませんでした。この時期は本当にセンター試験のみを考えて勉強していたように思います。

冬休みからセンター試験直前にかけて何をするかによって、その後の試験結果は大きく変わってきます。何の対策が今の自分に一番必要なのかをしっかりと見極めて、足りないところを補う効果的な勉強ができるように、しっかり計画を立てて臨んでほしいと思います。

センター試験 直前期の学習計画

計画を立てるときのポイント

計画を立てる際は、まず自分に足りていない部分を知ることが大切だと思います。冬休みからセンター試験直前期までの間はそれなりに時間があります。苦手をつぶすにはもってこいの期間です。

それまでの間にどれだけ勉強が進んでいるかにもよりますが、私はセンター試験の過去問を解き、苦手部分を知り、教科書や参考書を見返して苦手をなくすといったことをしていました。

また、センター試験には過去問がたくさんあります。時間が許す限り過去問演習を多く行い、苦手を見つけると同時に問題方式に慣れ、時間配分も考えていけるとよいと思います。

学習計画表

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習
  • 学習計画表模試・試験
学習計画表

1日の過ごし方

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習
  • 学習計画表睡眠
1日のスケジュール

理系の先輩の記事を読む

河合塾の冬期・直前講習はこちら!

冬休み・直前期攻略大作戦!トップへ戻る

理系の先輩の記事を読む

河合塾の冬期・直前講習はこちら!

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > センター試験 文系:経済学部 センターで高得点を狙う過ごし方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.