HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 京大の問題を解く? 解かない? 過去問研究に必要なもの

京大生に聞く!高1・2生がやるべきこと
京大の問題を解く? 解かない?
過去問研究に必要なもの

二村さん
にむら なるひこ
二村 成彦 さん
工学部 物理工学科
長野県諏訪清陵高校 出身
2013年度 河合塾 名駅校 在籍大学受験科
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

過去問よりも基礎力を重視

私が河合塾の大学受験科に所属していたとき、担当の講師の方々が、「夏休みは過去問の研究期間」と言っていました。すべての科目には当てはまらないにしても、ほとんどの科目(国語、数学、理科)で、これは正しいと思います。

裏を返せば、受験学年(高校3年生・高卒生)の夏休みまでまったく過去問に触れていなくても、間に合うと思います。まずは過去問よりも、きちんとした基礎力をつけておくべきです。基礎力があって初めて、過去問研究が意味を成します。研究後は、足りないとわかった部分を補っていくような勉強が望ましいと思います。

実際私も、高校で使う問題集に登場した過去問以外は、高校3年生になるまで触れたことがありませんでした。

時間をかけた勉強は高1・2生のときにしかできない

京大などの難関大学の受験に対してでも、最終的にアテにできるのは「ゆるぎない基礎学力」ですが、これを身につけるには時間が必要です。しかし、受験生になると、入試が近づいてくる焦りもあり、基礎的な勉強はどうしてもおろそかになりがちなのではないでしょうか。

そういったことも考えて、「高校1年生・2年生のときにしかできない、時間をかけた勉強」に取り組むのがよいと個人的には思います。

英語は早くから取り組んでも効果あり

冒頭で、夏休みまで取り組まなくてよいと思う科目から「英語」を除いたのは、ほかの科目に比べて敷居が低いと考えるからです。

数年前まで京大英語の問題は「京大専用の対策」が必要でしたが、近年出題傾向が変化し、少しずつ手をつけやすくなってきていると感じます。授業の演習で扱う長文読解や英作文の延長として、取り組んでみてもよいかもしれません。

基礎力が身についている人は過去問を始めよう

もちろん、「今の自分の学力に自信がある」「基礎はきっちり頭に入っている」という人は、英語に限らずどんどん過去問に取り組んでよいと思います。

解けなかったときに、自信とのギャップで落ち込むこともあろうかと思いますが、まだ高校2年生(高校1年生)なのだから、受験当日までに解けるようになればよいのです。「まだ時間はある」と開き直って、力をつけていってください。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース
HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 京大の問題を解く? 解かない? 過去問研究に必要なもの
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.