HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 京大の問題を解く? 解かない? 京大の過去問を解いてみよう!

京大生に聞く!高1・2生がやるべきこと
京大の問題を解く? 解かない?
京大の過去問を解いてみよう!


M.M さん
薬学部
大阪府 大阪星光学院高校 出身
2014年度 河合塾 天王寺校 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

高1生、高2生のときに京大の過去問を解くべきなのか、どうなのか。
僕はあまり解かなかったのですが、それを踏まえて結論から言うと、どんどん解いていって構わないと思います。
その理由を、デメリットも含めて説明していきます。

京大の問題を解くメリット

デメリットは解けないこと

考えられるデメリットとしては、習っていない範囲からも当然問題は出されているので、解けない場合が多いということです。ただ、デメリットはそれぐらいです。

数学や物理など、範囲がはっきりと分かれている分野なら割り切ることもできるでしょう。しかし、英語などは分野が曖昧なので、解けずに自信を無くしてしまうことも考えられると思います。

また、たとえすべて習った範囲だったとしてもレベルが高くて解けないという場合もあるので、注意が必要だと思います。

質の高い問題に触れられる

一方で、一番大きいメリットは、レベルの高い問題に容易に触れることができることです。
これは先ほどのデメリットと表裏一体なところがありますが、特に好きな科目な場合は、レベルの高い問題に触れることで、やる気につながることが多いと思います。

それに、京大の問題がどういうものか知ることができますし、解けた場合はもちろん自信になります。

解くのが怖い場合

「自信を無くすのが怖いから過去問を解きたくない」という場合は、積極的に解きにいかなくても問題ないと思います。
というのも、高校や予備校で使うテキストに収録されている問題は大学受験の過去問が使われていることが多いので、知らず知らずのうちに解いているからです。

特に数学などは問題の後ろに大学名が書かれている場合が多いので、それを隠して解いていると、知らない間に京大の過去問だけでなく、東大の過去問も解けていたということも起こり得ます。そういった経験は、自信につながったりします。

もちろん、解けなかった場合でも悩む必要はないと思います。
解けなくても復習して解けるように学力を上げることが、テキストの目的だからです。

足りなくなるのが心配な場合

もしかしたら、「今から解き始めたら、高3生になったときに解く過去問がなくなる」と、心配している受験生もいるかもしれません。

しかし、僕は高1生・高2生のときにあまり解いてこなかったので、高3生ですべてを解き切ることはできませんでした。
それに、25年分もまとめた過去問集が出ていることを考えると、足りなくなる心配をする必要はあまりないと思います。

ただし、最新の数年分は、問題傾向をつかむためには必要なので解かずに残しておくとよいでしょう。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

『京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと』の他のテーマを読む

京大生に聞く! 高1・2生がやるべきことトップへ戻る

『京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと』の他のテーマを読む

HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 京大の問題を解く? 解かない? 京大の過去問を解いてみよう!
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.