HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 塾選びのコツ 高1生・高2生の塾選び

京大生に聞く!高1・2生がやるべきこと
塾選びのコツ
高1生・高2生の塾選び

二村さん
にむら なるひこ
二村 成彦 さん
工学部 物理工学科
長野県諏訪清陵高校 出身
2013年度 河合塾 名駅校 在籍大学受験科
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

高1生・高2生の勉強は基礎力重視がよいと思います。きちんと毎回の授業を理解でき、テストで毎回点数を取れるような勉強を積み重ねていくことが最も重要です。

高1生・高2生の塾選び

私は授業での勉強効率を最大化することと、先生に質問することで勉強では困っていなかったので現役時代は塾に通っていませんでした。

しかし、先生に質問しづらい、高校の勉強だけでは足りないと感じるなどの事情があれば、高1生・高2生のうちから塾を活用することも、選択肢として十分に考えられます。

個別指導か集団授業か

私は、高1生・高2生における塾選びとしては、「個別指導の塾/集団授業の塾」のいずれかの選択があると思います。

個別指導の場合、担当の講師とわからないところをきっちり詰めていくという勉強になります。これは、高1生・高2生の時期には良いと思いますが、高3生になってからだと、時間が足りないなどの焦りからなかなか難しいものがあるかもしれません。

集団授業のメリットとしては、集団で頑張れることや、自分で勉強のペースを作らなくても集団についていけばよいことなどがありますが、逆に言えば個人差はある程度無視されるという面もあります。

ですから、集団授業を選ぶのであれば、クラスのレベル分けが自分にあっていること、簡単だ(難しい)と感じたときにレベルを変更しやすいこと、の2点が重要だと思います。

チェックしたい4つのポイント

ほかに考慮しておきたいのは、

  • 講師に質問がしやすいか
  • 模試の料金割引特典
  • 通いやすさ
  • 自宅での勉強が苦手な人は、自習室が充実しているか

の4点でしょう。

講師室が開かれているなど、講師に質問しやすい環境かどうかは、授業をしっかり身につけるうえで重要なポイントだと思います。
また、模試の料金割引は、高校で模試を受けない場合には貴重な特典です。対象となる模試の難易度やクオリティ、判定の正確さを鑑みたうえで、模試の特典で選ぶのも一つの手かもしれません。

塾に通うとなれば、ある程度の頻度でそこに足を向ける必要があります。自習室もあわせて利用するならなおさらです。その際、通うことが体力的、精神的、あるいは時間的に負担になるようでは続かなくなってしまいます。
選ぶ際には、通いやすさや利用のしやすさも考慮に入れる必要があると思います。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース
HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 塾選びのコツ 高1生・高2生の塾選び
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.