HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 失敗しない文理選択 おすすめしない文理選択理由

京大生に聞く!高1・2生がやるべきこと
失敗しない文理選択
おすすめしない文理選択理由


M.M さん
薬学部
大阪府 大阪星光学院高校 出身
2014年度 河合塾 天王寺校 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

僕が通っていた高校では高2生に進級するときに文理選択がありました。
文理選択は、将来どの職業に就きたいかで決めることができれば理想的だと思います。
しかし15~16歳の時点でそこまで決まっている人は少ないと思いますし、この先希望が変わることもあるでしょう。

理系・文系のどちらの道に進むかは後の人生にも関わる大きな選択になるので、まだ決まっていない人は悩むと思います。僕の場合は特に深く考えることもなく理系の道に進み、幸い後悔はありませんが、今考えるとかなり大胆なことをしました。

おすすめしない選択理由

まず、やめておいた方がよい選び方は、理系の方が就職に有利だろうという漠然とした選択理由で理系に進むことです。

そうすると大学で本当はやりたくない勉強をする可能性が高くなります。やりたくない勉強は苦痛ですし、最悪の場合、大学に行かなくなるということも十分考えられます。

それに、これは高校の教師の受け売りですが、たとえ今は理系の学生を企業が求めていたとしても、大学を卒業する頃には企業の求める人材が変わっている可能性もあります。

文理選択で考えた方がよいこと

最低限、「どんな職業に興味があるか」や「大学で何を学びたいか」などについては考えた方がよいでしょう。
また、自分の好きな科目が文系・理系のどちらなのかで選ぶ方法もあると思います。僕の場合は、国語が苦手で理系科目が好きだったので理系に進みました。

進路は変えられる

ただ、状況にもよりますが決めた後でも文転・理転はできますし、大学に入った後でも「入試のときの点数が他学部の合格最低点を上回る」などの条件をクリアすれば転学部もできる場合があることは知っておいてもよいと思います。

少し話は逸れますが、僕が通っている薬学部はもちろん製薬会社への就職者が多いですが、化粧品メーカーに就職したり、なぜか出版社に就職したりした先輩もいます。
逆に製薬会社は薬学部だけでなく、農学部や理学部出身の学生も採用しているようです。

まだ大学生の僕が言えた立場ではないですが、学問は必ずどこかで繋がっているものだと思います。文理選択の時点で将来を完全に決めてしまって、可能性を狭めるのは勿体ないかもしれません。
これからも幅広く学んで、自分の選択について柔軟に考えてもよいのではないでしょうか。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース
HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 失敗しない文理選択 おすすめしない文理選択理由
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.