HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(理社) 物理・化学・日本史の勉強法

京大生に聞く!高1・2生がやるべきこと
高1生・高2生の勉強法(理社)
物理・化学・日本史の勉強法


M.M さん
薬学部
大阪府 大阪星光学院高校 出身
2014年度 河合塾 天王寺校 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

高1生、高2生時の理科・社会の勉強は英語・国語・数学に比べて難しいと思います。というのも、最終的な自分の受験科目には入らない科目の勉強もするからです。
僕の場合は、最終的に理科は物理と化学、社会は日本史で受験しました。生物と世界史は、高校では定期テストがありましたが、入試では使いませんでした。

科目の選び方

どの科目で受験するかすでに決めている人も、受験で使わない科目であっても、定期テストで赤点を取らない程度には勉強しなければなりません。
僕の場合は世界史が日本史と比べて覚えづらいと感じたので受験科目にはせず、世界史の勉強は最低限にしました。

しかし、理科の方は迷いました。というのも当時は農学部も受けようか検討していたためです。高2生に進級する際に科目の選択があり、最終的には学部の選択肢が広がる物理を選びましたが、生物も好きだったのでそれまで一生懸命勉強していました。

それでは具体的に、僕が選択した科目の勉強法についてもお話しします。

日本史の勉強法

まず日本史ですが、授業に沿って勉強し、定期テストのたびに習った範囲を暗記していました。ただ、覚え方に問題があったので70点ほどしか取れませんでした。かけた時間は、定期テスト前に少し勉強するぐらいです。

当時は先生が配布したキーワードを穴埋めにしたプリントを覚えていましたが、後のセンター試験の勉強を考えると、出来事を単発で覚えるのではなく、流れに沿って覚えていけばよかったと思っています。

また、文系の場合は図解をよく見て、時代と何を表したものなのかぐらいは覚えておくとよいのではと思います。

化学の勉強法

次に化学ですが、これは最初から入試に必要だとわかっていたので、苦手ではありましたが勉強する必要はあると感じていました。

授業の形態は、授業→演習の繰り返しだったので、演習のときは先生が出した課題を予習していました。
問題の内容は前回の授業で習った範囲なので復習も兼ねていました。1回の予習にかかる時間は1時間ほどでした。

物理の勉強法

物理は好きな科目だったので意欲的に取り組んでいました。とはいえ、授業と課題が中心で自習として物理を勉強することはありませんでした。
課題としては、長期休暇に出されるものを解きました。テキストは『名問の森』(河合出版)を使っていました。

高校の授業進度と対策

僕の高校では、日本史が高3生の2学期までかかりましたが、物理と化学は高2生までにすべて終わりました。

日本史は進度が遅かったものの、覚えることが中心なので受験に支障はありませんでした。しかし、物理と化学は演習で実力を付けていった部分が多く、もし高校の進度が遅いと感じるなら、自分で勉強していっても構わないと思います。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

『京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと』の他のテーマを読む

HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(理社) 物理・化学・日本史の勉強法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.