HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(英数国) 受験で役立つ高1生・高2生の勉強法

京大生に聞く!高1・2生がやるべきこと
高1生・高2生の勉強法(英数国)
受験で役立つ高1生・高2生の勉強法

山本さん
やまもと あおい
山本 葵 さん
農学部 資源生物科学科
静岡県立浜松北高校 出身
2016年度 河合塾 浜松校 在籍大学受験科
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

本文へ入る前にお伝えしたいのですが、高校1年生や高校2年生で京大を意識している時点で、皆さんはすでに周囲より一歩リードできていると言ってよいと思います。自信を持ってください。
私が京大を受験しようと決めたのは、高校3年生の春でした。結局現役では合格できなかったのですが、そうした自分の経験や反省を踏まえて、参考になる内容が書けたらなと思っています。

高校の勉強を吸収する方法

私が高校1,2年生のときに「これだけは」と思っていたのは、高校の授業・課題・テストです。高校生のときは塾に行っておらず、運動部に入っていて時間もなかったので、せめて高校の勉強にはついていこうとしました。

学力にできるか、時間の無駄になるか

高校の勉強は生徒全員が取り組むものですが、やり方によって学力にもなれば、時間の無駄遣いにもなります。
私は、授業中に寝たり内職したりすることや、答えを写すだけの作業に何の意味も感じられなかったので、高校の勉強をできる限り吸収しようと心がけました。

具体的には、授業をしっかり聞いてノートを取り、授業内の課題(英語の音読、数学の例題など)に取り組むことを徹底しました。
ノートはあとで見返したときに授業を思い出せるように、ボーっと聞くことがないように、先生が話していた内容をとにかく書き込むようにしていました。

小テストを利用して積み重ねをつくる

課題は、当たり前のことですが期日までに自力でやるようにしていました。
テストは、授業中の小テストの勉強も手を抜かないようにしました。また、定期テストでは、順位よりどこができなかったかを気にしていました。

中間試験・期末試験の前だけでなく、普段からコツコツと高校の勉強に取り組むというのは、忙しい高校生にとってなかなか大変だと思います。しかし、小テストの勉強だけでもしっかりやっておくと、積み重ねができて後々力になるはずです。

京大受験のために心がけたい英数国の勉強法

高校1,2年生でやっておくとよい英語・数学・国語のポイントについて、少しまとめておきます。

英語のポイント

英語は、単語の暗記と教科書の音読をやっておくと、高校3年生でだいぶ楽になります。
覚えている単語数が多いと英文を比較的すらすら読めるので、英語に対する苦手意識がなくなるように思います。

数学のポイント

浪人してわかったことですが、数学は解いた問題数がものを言います。考え方がある程度染みつくまでは、時間をかけて考えたところで何も浮かびません。
同じ問題の繰り返しでもよいので、「問題を見る、わからなかったら解説を見ながら解答をつくる」を、たくさん繰り返してほしいです。

国語のポイント

国語は、古文単語や文法は習ったときに暗記することをおすすめします。
また、少しでも多くの本を読んでおくとよいです。読めといわれて読むものではありませんが、読書量は文を読む速さ、書く力に大きく関わっているのは確かだと感じます。

京大の国語はちょっと受験勉強して点の上がるものではないので(私は現役時より浪人時の方が20点も低かったです)、高校1,2年生のうちに多くの文章に触れ、読む力と書く力の土台をつくっておいてほしいと思います。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース
夏期講習の効果的な受け方

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(英数国) 受験で役立つ高1生・高2生の勉強法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.