HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(英数国) 短いスパンで確実に理解しよう

京大生に聞く!高1・2生がやるべきこと
高1生・高2生の勉強法(英数国)
短いスパンで確実に理解しよう

二村さん
にむら なるひこ
二村 成彦 さん
工学部 物理工学科
長野県諏訪清陵高校 出身
2013年度 河合塾 名駅校 在籍大学受験科
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

戦略を考えるのはまだ早い

基本的に高校1年生・2年生においては、「授業で扱っている内容をきちんと理解し、置いて行かれないこと」が一番重要だと思います。

この時期から、「私は○○が苦手だけど、得意な××でカバーするから入試は大丈夫」といった戦略を考えだすのは危険です。特に京大のように科目を絞れない大学を受けるつもりなら、なおさらです。できるだけまんべんなく得点できるような勉強が望ましいと思います。

一番わかりやすい指標は定期テスト

一番わかりやすい指標は中間テスト・期末テストなどの定期テストだと思います。「入試は模試の得点が大事、定期テストは捨ててよい」という考えの人もいますが、普段の授業をきちんと理解できていれば模試の得点は自然と伸びます。

模試を指標にするより、習った内容を「きちんとわかっているか、覚えているか」と短いスパンで問うてくる定期テストで得点できることの方が大事だと思います。

私の英数国の勉強法

私の場合は、高校の勉強を軸にした以下のような勉強をしていました。

高1生・高2生の英語

そもそも得意な科目で、幸いなことにリスニングも苦手ではありませんでした。基本的に授業はきちんと知識が身についているかの確認の場になっており、新しい知識が出てきたらすぐ確認して覚えるようにしていました。

受験期に苦労したのは単語力です。単語力をつけるのは時間がかかるので、早めに単語帳等に取り組んでおいて損はないと思います。

高1生・高2生の数学

通っていた高校で、数学の問題が1問書かれたプリントが1日1枚配られていたので、毎日必ず1問解く習慣がついていました。直前の授業で扱った内容が出題されることが多く、確認ができてとても良かったと思います。

あのプリントできちんと授業内容を理解することができた結果、入試で数学を武器とすることができたのだと思います。毎日の積み重ねの大切さを感じました。

高1生・高2生の国語

特に高校1年生のときは、高校に入ってから本格化した古文・漢文についていくのに必死でした。最初の定期テストで思ったより点数が取れず、今後さらに覚えることが増えそうだと予想したので、その後必死で勉強し、単語や文法などを詰め込みました。
結果として、受験期に古文・漢文ではあまり苦労せずに済みました。

現代文は、とりあえず長い文章を読むのに慣れておくとよいと思います。新聞や小説、エッセイ等いろいろな文章を読んでおくと、入試で出題される難解な文章にも多少耐性がつくと思います。

高1生・高2生の学習ポイント

あまり早いうちから「入試」をターゲットとして勉強を始めてしまうと、小手先のテクニックばかり身についてしまったり、つらいばかりで長続きしなかったりしてしまうと思います。

高校1年生・2年生の間は、いろいろな分野をきちんと理解しようとする姿勢が、一番重要になってくることを強調しておきたいと思います。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

『京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと』の他のテーマを読む

HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(英数国) 短いスパンで確実に理解しよう
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.