HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(英数国) 受験勉強でつまずかない方法

京大生に聞く!高1・2生がやるべきこと
高1生・高2生の勉強法(英数国)
受験勉強でつまずかない方法


M.M さん
薬学部
大阪府 大阪星光学院高校 出身
2014年度 河合塾 天王寺校 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

僕は高3生の当時、必死で勉強していた記憶がありますが、大学生になって振り返ってみると、なぜかそれほど苦労したという感覚がありません。

なぜそう感じるのか考えてみたところ、高3生の間に勉強面でつまずいたことが少ないからだと思いました。そして、なぜつまずかずに済んだかというと、高1生・高2生で高校の勉強を徹底したからだという考えにたどり着きました。
ですので、今回は僕が高1生・高2生の間にしてきた勉強法を書いていこうと思います。

高1生・高2生の勉強方法

高1生時の勉強内容

僕の高校は中高一貫校で、進度は速い方だったと思います。
高1生のときの勉強方法は、塾にも通っていなかったので、完全に高校の勉強中心でした。

自習は予習がメインで、事前に先生から出された課題を解き、授業でその解説を受けるというのが主な流れです。難易度にもよりますが、時間にすると大体1時間ぐらいで終わったと記憶しています。
復習は、予習のときにわからなかったり間違えたりした問題を軽く見直す程度で、10分ほどで終わっていました。

高校によって指導方針は異なりますが、僕の場合は、数学は問題集から課題、英語は多くの表現方法を暗唱できるまで覚えるといった指導を受けていました。そのほか、英単語は高校で指定されたものや英検二級や準一級用の単語帳を買って覚えていました。

高2生時の勉強内容

高2生になるとレベルが上がり、数学は大学の過去問を先生がピックアップして各自予習し授業で解き方を解説、英語も先生が選んできた過去問を利用するようになりました。また、この頃から英語と数学で週に2日、塾にも通い始めたので、かなり忙しくなりました。

多くの方が高校で部活をしているかと思いますが、僕が所属していたのは書道部で高3生になると練習はほとんどなく、高2までは週二回と、比較的勉強と部活が両立しやすいクラブでしたので、その点はあまり苦労しませんでした。

長期休みの過ごし方

春・夏・冬休みの長期休みは、高1・2年生の頃から高校で実施される補講を取っていました。

学習目標

高1生・高2生の間は、高校の定期テストではクラス内5位程度を目標に、長期休み明けにある実力テストでは、このテストでの成績が、大学の合否にほぼ直結していると先生が仰っていたので学年20位程度を目標にしていました。

このとき教科ごとの順位も出ましたが、目標にしたのは総合順位です。というのも、受験は総合得点での勝負だからです。
また、教科ごとだと、各人の好不調が影響することが多いのであまり気にすることはありませんでした。

模試も受けていましたが、志望先がまだ明確に決まっていなかったこともあり、受け身で受験していました。全国での自分の立ち位置ではなく、校内の順位、偏差値をどれぐらい取るかということに目標を置いていました。

高1生・高2生の勉強のコツ

このように、高2生までは高校の勉強を重視して、基礎力を身につけることに専念すると、高3生で受験勉強をするときにつまずきが少なくなり、たとえつまずいたとしても基礎ができているので比較的簡単に克服することができると思います。

そして目標はいきなり京大合格を掲げるのではなく、全国模試で偏差値○○、定期テストで○位以内、など小さなチェックポイントを設定する方がやる気が持続すると思います。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

『京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと』の他のテーマを読む

京大生に聞く! 高1・2生がやるべきことトップへ戻る

『京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと』の他のテーマを読む

HOME > 受験対策 > 京大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(英数国) 受験勉強でつまずかない方法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.