HOME > 受験対策 > どう解く? 時間配分 > 二次試験 理系:薬学部 数学は最初の5分が勝負!

どう解く? 時間配分(理系)
二次試験 薬学部
数学は最初の5分が勝負!

M.Mさん

M.M さん
薬学部
大阪府 大阪星光学院高校 出身
2014年度 河合塾 天王寺校 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を”京大現役合格”へと導く河合塾のコース

国語

タイムスケジュール

タイムスケジュール(国語)
  • ※試験時間・出題内容は受験時のものです。

ポイント

受験前には漢字から先にやろうと思っていたのですが、漢字が出なかったため関係ありませんでした。
漢字以外では、京大の古文は読みやすく早めに終わりますので、最初にやりました。そうすれば、時間のかかる現代文に余裕を持って取り組むことができるからです。

逆に現代文から解くと、古文に充てる時間を残そうと焦ったり、古文を解くときに「充分な時間が残っているにも関わらず、思ったより時間がなく焦ってしまう」ということになりかねません。
受験のときに焦っては間違いやすくなると思っていましたので、焦らないような時間配分を心がけました

実際には割と時間が余ったため、人によると思いますが京大の入試の中では比較的時間配分に余裕のある科目だと思います。

数学

タイムスケジュール

タイムスケジュール(数学)
  • ※試験時間・出題内容は受験時のものです。

ポイント

配点が問題用紙に書かれていますので、比較的簡単な30点の問題から先にやる方法がよいと思います。上のスケジュールは、大問1,2が30点問題である場合です。

それが終わった後は35点の問題に取り組むわけですが、難度が高いものもあれば低いものもあります。難しい問題に時間を取られると勿体ないので、自分が解けそうな問題を時間をかけて完答するようにしてください。

僕の場合は、5分程軽く解いてみて方針が立たなければ諦め、次の問題に移るというふうにしていました。できれば5問完答、最低でも4問完答することを目標としていました。点数にすると、200点満点中130点以上です。

しかし実際の本番では、1日目が終わった後に計算ミスをしていたことに気づき焦りました。ただ、それを引きずらないようになるべくポジティブなことを考えていました。

英語

タイムスケジュール

タイムスケジュール(英語)
  • ※試験時間・出題内容は受験時のものです。

ポイント

順番は工夫も何もしておらず、第1問から順に解いていきました。しかし、僕は英作文が苦手で割と時間がかかっていましたので、大問の1と2はなるべく70~75分くらいで終わらせるようにしていました。
英作文が得意で早く終わるという場合は、英作文から解いた方が国語と同じように余裕ができてよいかもしれません。

また、和訳でわからないところがあれば、すぐに飛ばして最後までとりあえず解き、その後にもう一度解きました。

本番では、選択肢のある問題だったり、指示内容を答える問題が出たりと問題の方針が少々変わっていました。ですので、少し慎重に考えてしまったうえに、英作文も会話文が出て解きにくかったため、時間内に終わらせるので精いっぱいでした。

理科

タイムスケジュール

タイムスケジュール(理科)
  • ※試験時間・出題内容は受験時のものです。

ポイント

理科は非常に厄介で、僕も悩みました。京大の入試の中で、時間配分が最も難しい教科だと思います。
何故なら、3時間という長丁場なうえに、2科目も解かなくてはならないからです。

僕は物理と化学を選択していましたが、化学は複雑な計算が多く、しかも有機分野ではさまざまな可能性を考慮しなければならず、時間がかかると感じました。

ですので物理から先に解き、1周目と2周目をあわせて80分で終わらせることを目標にしました。これも英語や数学と同じように、わからなければすぐに飛ばして次の問題を解き、一通り解き終わってからもう一度考えるというふうにしました。

また、理科の場合は特に、どういう方針で解いてきたのか忘れると、再び解きなおすときに余計な時間を使ってしまいます。飛ばす際には軽くメモをしてから飛ばすようにしました。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を”京大現役合格”へと導く河合塾のコース

文系の先輩の記事を読む

HOME > 受験対策 > どう解く? 時間配分 > 二次試験 理系:薬学部 数学は最初の5分が勝負!
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.