HOME > 受験対策 > 模試の復習法 > 理系:農学部 模試の復習ノートが役立つ理由

模試の復習法(理系)
農学部
模試の復習ノートが役立つ理由

山本さん
やまもと あおい
山本 葵 さん
農学部 資源生物科学科
静岡県立浜松北高校 出身
2016年度 河合塾 浜松校 在籍大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を”京大合格”へと導く河合塾のコース

私は、現役時は部活と行事に力を入れ、浪人時も勉強時間の絶対量が足りずに授業の予習・復習に追われていました。
ですので、模試の復習についても、きちんとやるべきなのはわかっていても、つい後回しにしてしまったり、十分にはできなかったりしていました。

今回は私のような時間が足りない受験生向けに、模試の復習の仕方についてお話ししたいと思います。

おすすめの模試の復習法

私の場合は、模試中に時間や精神がいっぱいいっぱいでも、「自信をもって答えた問題」と「そうでない問題」が後で見直したときにわかるよう印をつけていました。
模試が終わったら、なるべくその日か次の日の朝に自己採点をし、間違えたところだけでなく、勘やなんとなくで解いた問題の答えと解説もあわせて読んでいました。

このやり方をおすすめする理由は2つあります。
1つめは、問題内容と自分が書いた答えをまだ覚えているからです。場合によっては、そう答えたいきさつや、その時の心境も残っているはずです。
数日後に頑張って思い出しながら復習するよりも効率がよいし、ケアレスミスや偶然正解した問題をきちんと捉えることができます。

2つめは、「後で時間ができる」ことは永久にないからです。
模試をやった後は疲れています。しかし、「帰ったらもうこれ以上勉強したくない」と思う模試当日の夜こそ、復習時間が確保されています。

直後の復習は、しっかりやらなかったとしても、軽く流し見るだけで全然違います。
私はいくつか、やりっぱなしになってしまった模試が発生していて、本当にもったいなかったなと反省しています。

復習ノートを活用する

2回目以降の復習をするときは、全統マーク模試、全統記述模試は復習ノートを作りました。分からなかった問題をコピーして左ページにはり、右ページに自分で解説を書くというものです。特に地理でこれが役立ちました。

というのも、間違えた問題を何度も解くことができ、よく間違える分野がはっきりと見えるためです。センター地理は考え方や使用データが似ている問題があるので、同じミスを繰り返すことを避けるのにも役立ちました。

私は、地理は教科書や塾のテキストを見て覚えるだけでは全然解けるようになりませんでした。問題形式で見て、やっとものになる感覚があったのも、模試ノートを重宝した理由のひとつだと思います。

京大即応オープンの復習

京大即応オープンは解けたかどうかに関わらず、国語以外の全科目をもう一回解き直ししました。

数学は、書けた問題でもどこかに減点があったり、解説ほどきれいに解けていなかったりしたので、確実に身につくよう解き直しました。
英語と理科は、問題全体を見ないと解けない形式なので、丸ごと解き直さざるを得ないと思ってやっていました。

答案返却時に重視するポイント

また、答案が返却されたときは、私は判定より素点を重視していました。
全統模試はもちろん、京大対策模試(通称:冠模試)も受験者層が広いので、合格最低点を超える点を取りに行けるよう、失点の原因を探し、克服するのに活用しました。

大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を”京大合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

模試の復習法トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 模試の復習法 > 理系:農学部 模試の復習ノートが役立つ理由
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.