HOME > 受験対策 > 模試の復習法 > 文系:法学部 復習重視の模試対策

模試の復習法(文系)
法学部
復習重視の模試対策

高見さん
たかみ さえ
高見 沙英 さん
法学部
愛知県立刈谷高校 出身
2017年度 河合塾 名駅校 出身大学受験科
河合塾の大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を“京大合格”へと導く河合塾のコース

今回は、模試対策から模試の復習まで、わたしが実際に行っていたことを紹介したいと思います。

わたしの模試対策

まず、わたしは「模試で良い判定を取ることを目的とした勉強」はほとんど行っていません。強いて言うならば、理科基礎で知識があやふやになっていた分野をテキストでパラ見していたくらいでした。
わたしは授業の予習・復習(特に復習)に力を入れており、その勉強がそのまま模試対策になっていたと思います。

苦手な数学の対策

具体的な方法について、特に苦手だった数学の勉強法を紹介したいと思います。
わたしは数学が最もできず、基礎シリーズ(1学期)の頃から数学の予習をしようと思っても解き方がまったく思いつかないことが多々あったので、復習中心でした。

数学の復習は、基礎シリーズも完成シリーズ(2学期)も、まず習ったその日に講師の解法を頭に入れて、なるべくノートを見ずに解き直しをしました。
その後、週末に1週間分の数学の問題を解き直し、さらにその1週間後、さらにそのまた1週間後、そして基礎シリーズの場合は夏休みに復習をして、最後に二次試験直前期にも復習をして、計6回くらい復習をしました。

復習する際には、「○回目に解いたときに解けたもの」「途中まで解けたもの」「全然解けなかったもの」のそれぞれに印をつけ、途中まで解けたものと解けなかったものだけ復習しました。復習して解けるようになった問題も、夏休みなど時間のあるときにすべて解き直しました。

センター数学が時間内に解ききれない場合

わたしはセンター数学が時間内に解ききれなかったのですが、講師から「センター試験の過去問の同じ年を2,3回ずつ解くと良い」と教わったので、それを実践してみました。最初はこんなことで早く解けるようになるのかと半信半疑でしたが、実際に1カ月ほど続けたところ、模試でも時間内に解き終わるようになりました。

センター数学が時間内に終わらない人は、センター試験が近くなってからではなく、夏前から対策を始めることを強くおすすめします。
そして、模試を受けるときは「大問1個を何分で解く」というような目標を、必ずつくった方が良いです。

わたしの模試復習法

模試を受けた後の復習についても、わたしのやり方を紹介します。

マーク式模試の復習法

解いたその日のうちに、全教科の答え合わせだけはなるべくしました。それから、翌日もしくは時間のある日に全教科の解説を一通り読みました。

その後、国語はわからなかった古文単語を調べて、河合塾でもらった古文単語のワークブックに書き込みました。
数学は解けなかった部分を解き直し、数学と理科は、スマホのメモアプリに、どのような問題で自分がどういうミスをしたのかをメモして模試の前やセンター試験の前に見ていました。
倫政は間違えた問題をノートに貼り、センター試験の直前期に見直しました。

京大即応オープン(模試)の復習法

受けた次の日に解説を見て、だいたい自分が何点取れたのかを確認しました。 その後、国語はマーク式模試と同じように復習し、数学は解けそうなのに実際は解けなかった問題だけを解き直しました。 英語はわからなかった単語をノートにまとめ、電車での通塾中に見たりしました。

また、京大即応オープンの問題等は、受験が終わるまで保管しておくことをおすすめします。解き直したり解説を読んだりと、使う機会が後々にもあるからです。わたしは百均で売っている茶封筒に1回分ずつ分けて保管していました。

河合塾の大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を“京大合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

模試で見つけた弱点を克服しよう!

模試で見つけた弱点は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の京大対策授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

模試の復習法トップへ戻る

関連記事を読む

模試で見つけた弱点を克服しよう!

模試で見つけた弱点は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の京大対策授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

あわせて読みたいコンテンツ

試験当日のアドバイス

HOME > 受験対策 > 模試の復習法 > 文系:法学部 復習重視の模試対策
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.