HOME > 受験対策 > 京大受験のための模試の効果的な復習の仕方

京大受験のための
模試の効果的な復習の仕方

STEP1
模試の受け方を確認

「模試は何回くらい受けるべき?」など、気になるポイントを確認しましょう!

模試の効果的な受け方

STEP2
模試の復習の仕方を確認

「どうして模試の復習が重要?」など、復習ポイントを確認しましょう!

模試の効果的な復習の仕方

STEP3
合格者の対策を確認

京大合格者が実際に行った復習の仕方を確認しましょう!

模試の復習法
  • step01
  • step02
  • step03

STEP2 模試の復習の仕方を確認

模試の効果的な復習の仕方をご紹介します。

模試の結果の受け止め方

皆さんは、模試の結果(個人成績表)を受け取ったとき、偏差値「合格可能性評価」「全国順位」を見て、どのような反応をしますか?
自分が思っていたよりも高い偏差値が出て喜ぶ人、合格可能性評価が悪くて落ち込む人……さまざまかと思います。

しかし、模試の結果を見て一喜一憂をすることはおすすめできません。判定はあくまで模試を受けた時点での合格可能性ですので、あまり楽観的にも悲観的にもならないようにしましょう。

合格可能性評価が悪かったからといってすぐに志望校を変えるようなことはせずに、模試をしっかりと復習し、その後の具体的な学習指針を立てましょう。模試で解けなかった問題は入試本番までに解けるようになっていればよいのです。大切なのは、復習して自分の弱点や反省点を振り返り、補強することです。

また、河合塾の個人成績表で特に着目してほしいのは、各科目の設問ごとの得点率です。自分の弱点が反映されていますので、謙虚に受け止めて、その分野には特に力を入れて対策に取り組んでください。
そのためには、「時間配分のどこがダメだったのか?」「単語・熟語などの知識量に問題がなかったのか?」「どういった設問形式を苦手としているのか?」など、具体的に問題点を挙げてみてください。

そして対策は、「いつまでに」「どんなことを」「どのくらい」やるのか具体的に立てるようにしましょう。

個人成績表・設問別成績

img_practical_pict
参考:全統マーク模試 個人成績表
  • 教科別にどの分野を補強すべきか確認できます。 →設問別に配点・得点・平均点を表示し、科目ごとに“学習のためのアドバイス”もあわせて表示します。また、受験者と同じ学力レベル層の成績と比較し、もっとも良かった設問に“○”、悪かった設問に“▲”を表示します。さらに、「設問別バランス」では各分野の得点率に偏りがないか視覚的に確認できます。
  • 第1志望校の一段階上の判定者との成績比較ができます。 →第1志望校の判定がC判定であれば、B判定者との成績比較を設問別に表示します。

模試を受けた後の復習法・勉強法

模試を受けた後は、下記の「復習ポイント」を意識しながら復習することが重要です。

復習ポイント

  • 1 模試受験(本番のつもりで、時間配分なども考える)
    →当日の夜までに反省点のピックアップ、センター試験対策用の模試の場合は自己採点
  • 2 時間が足りなかった問題等の解き直し
  • 3 解答を見て自己採点
  • 4 解答・解説集を見ながら復習
  • 5 解けなかった問題をまとめて自分だけの問題集、単語帳等の作成
  • 6 できなかった原因分析
  • 7 具体的な対策を立てる

模試の結果が返却されたら、できるだけ早く復習しましょう。また、「模試の効果的な受け方」でもお話ししましたが、模試を受験した際(遅くてもその日の夜まで)に、思いつく反省点を書き留めておき、このメモを参考に復習するとよいでしょう。

そして、最初から解答を見て見直しを始めるのではなく、まずは手をつけられなかった問題や解き終わらなかった問題を解くことから始めてください。全部解き終わった後、答え合せをして、分からないところやあやふやなところは解答や解説を読んでください。

模試は重要問題の宝庫です。類似問題が本番で出題されることもよくありますので、分からなかった問題はノートに貼っていつでも復習できるようにしておくと便利です。
模試で解けなかった問題をノートにまとめていけば、自分だけのオリジナル問題集になります。英単語や古文単語も意味が分からないものも単語帳にまとめましょう。

また、英語長文ができなかったのであれば、「キーワードになる単語の意味がわからなかったのか」「構文が分からないところがあったのか」「それとも他に何か原因があったのか」……など、できなかった原因を分析し、今後の対策を具体的に立てるようにしましょう。

新サービス 模試ナビ

「模試ナビ」とは、お持ちのスマートフォンやタブレット・パソコン上で全統模試の目標設定・自己採点・成績確認・復習ができるサービスです。
復習時には、河合塾講師によるわかりやすい解説講義動画(一部科目除く)を見ることもできます。
全統模試をお申し込みいただいた方なら、どなたでも無料でご利用いただけます。

模試の詳細はこちら

京大合格者の体験談 おすすめ

農学部 A.Yさん

私の場合は、模試中に時間や精神がいっぱいいっぱいでも、「自信をもって答えた問題」と「そうでない問題」が後で見直したときにわかるよう印をつけていました。
模試が終わったら、なるべくその日か次の日の朝に自己採点をし、間違えたところだけでなく、勘やなんとなくで解いた問題の答えと解説もあわせて読んでいました。

このやり方をおすすめする理由は2つあります。
1つめは、問題内容と自分が書いた答えをまだ覚えているからです。場合によっては、そう答えたいきさつや、その時の心境も残っているはずです。
数日後に頑張って思い出しながら復習するよりも効率がよいし、ケアレスミスや偶然正解した問題をきちんと捉えることができます。

2つめは、「後で時間ができる」ことは永久にないからです。
模試をやった後は疲れています。しかし、「帰ったらもうこれ以上勉強したくない」と思う模試当日の夜こそ、復習時間が確保されています。

直後の復習は、しっかりやらなかったとしても、軽く流し見るだけで全然違います。
私はいくつか、やりっぱなしになってしまった模試が発生していて、本当にもったいなかったなと反省しています。

次の模試へ向けて

今回の模試での経験をいかして、次の模試に向けて勉強していきましょう。たとえば、解く時間が足りなかった人は、より速く正確に問題を解く練習や時間配分の見直しをし、弱点がハッキリ分かった人はそこを集中的に勉強して克服していきましょう。

また、問題もただ知識がなくて解けなかったのか、焦ってケアレスミスをしてしまったのかなど、自分の間違いの原因や傾向にも注意して、同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

このように、模試は普段の勉強法や試験でやってしまいがちなミスを自覚し、繰り返さないようにするために必要なものです。模試がなければ自分の弱点やミスの傾向に気付かず、間違った勉強をし続けてしまうかもしれません。入試本番の予行演習の意味も込めて、ぜひ一つ一つの模試を大事に受けていきましょう。

模試の詳細はこちら

模試で見つけた弱点を克服しよう!

模試で見つけた弱点は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の京大対策授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 京大受験のための模試の効果的な復習の仕方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.