HOME > 受験対策 > 京大合格者の過去問活用法 > 二次試験 理系:農学部 科目別の京大過去問活用法

京大合格者の過去問活用法(理系)
二次試験 農学部
科目別の京大過去問活用法

山本さん
やまもと あおい
山本 葵 さん
農学部 資源生物科学科
静岡県立浜松北高校 出身
2016年度 河合塾 浜松校 在籍大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を”京大合格”へと導く河合塾のコース

京大の過去問をいつから、何年分解いたか

まず、解いた時期と量についてです。私は高校3年生と浪人時の、どちらも直前期に解きました。高校3年生のときは6年分くらい、浪人したときは、教科にもよりますが基本的には25年分に取り組みました。

京大の問題は形式に慣れることが必要ですが、あまり早くから過去問ばかり解いては、理科で途中の過程を無視するようになってしまったり、英語のように形式が変わってしまった場合に、問題にきちんと対応できなくなったりするのではないかと思います。
また、私は京大一本でしたが、志望校を変える可能性のある人は、京大型の問題に浸らない方がよいかもしれません。

京大の過去問の解き方

国語

国語は、現役生の頃は時間を計って解き、高校の先生に添削していただいていました。
浪人していたときは、講習などで扱う以外はやらず、解答を見たり、添削してもらったのを確認したりが中心でした。

勉強してもあまり成績が上がらなかった(むしろ下がっていった)ことと、差がつきにくい教科だったためですが、時間内に記述できるようにする練習は必要だと思います。

英語

英語は、はじめのうちは時間を計らず、良い答案を書くことをめざしました。時間を計るように変えたのは、ある程度慣れてからです。

英作文は高校の教師や塾の講師に添削していただきました。浪人していたときは25年分解きましたが、過去問では説明問題や自由英作文の対策はできないので、他の問題集や塾の講師からもらった問題などで補いました。

数学

数学は現役時ほとんど解いていなくて、浪人時の直前期で一気に解きましたが、時間を計ったり、1年単位で区切ったりはせず、問題集を解く感覚で取り組みました。
問題に慣れることができ、何より以前より力がついたと実感できた点がとてもよかったです。

私は添削はしてもらっていませんでしたが、答案用紙の書き方の確認やケアレスミス防止の意味で、添削指導を受けるのもよいと思います。

理科

理科は大問ごとに時間を計って解きました。このとき、苦手な分野を中心に取り組むように心がけました。

過去問を解く際の注意

「周りの人たちが過去問やっているから」、「過去問をやっていれば大丈夫そうだから」と、なんとなく過去問に取り組むのはあまりよくないでしょう。

合格した人の中でも、25年分を3周したという人もいるし、私のようにそれほどやってない人もいます。
過去問はあくまでも、「合格するために自分に必要な勉強の一つ」としてとらえ、目的意識をもって取り組むことを心がけるとよいと思います。

大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を”京大合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

京大合格者の過去問活用法トップへ戻る

関連記事を読む

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 京大合格者の過去問活用法 > 二次試験 理系:農学部 科目別の京大過去問活用法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.