HOME > 受験対策 > 京大合格者の過去問活用法 > センター試験 理系:工学部② 予想問題も活用しよう

京大合格者の過去問活用法(理系)
センター試験 工学部②
予想問題も活用しよう

二村 成彦さん
にむら なるひこ
二村 成彦 さん
工学部 物理工学科
長野県諏訪清陵高校 出身
2013年度 河合塾 名駅校 在籍大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を”京大合格”へと導く河合塾のコース

解き始めた時期

センター試験の過去問は、あまり急いで解き始める必要はないと思います。
今までも触れてきたように、センター試験は効率よく解くこと・時間内に解くことが重要ですので、それができている人はあまり焦らなくてよいでしょう。
逆にいえば、時間内に解くことができていない人は、積極的に活用してもよいかもしれません。

僕の場合は、センター試験タイプの問題は幸運にも現役時代から得意でしたので、過去問を解き始めたのは予想問題もほぼほぼ解き切った後、12月からセンター試験本番前にかけてでした。

予想問題集と過去問を使い分ける

センター試験は傾向がガラッと変わる年もあり、二次試験と比べてあまり過去問がアテにならないという面もあります。一方で、センター試験は長年の傾向をよく研究した予想問題が二次試験の予想問題より多く作られており、問題に慣れるためならそちらの方が有効だと思います。

過去問は問題への慣れというよりは、時間の使い方の練習に使った方がよいでしょう。

過去問・予想問題の解き方

解き方についてですが、問題を時間内にそれなりに解けるようになるまでは、特に解答用紙を用意しなくてよいでしょう。解けるようになってきたら、マークシート形式の解答用紙を用意し、慣れておくことも必要かと思います。

センター試験は部分点が取れません。マークずれなどのミスは致命的です。そういったイレギュラーに対応する練習もしておくべきです。

マークシートは高校、あるいは塾生であれば河合塾で用意してもらえると思います。
もし用意してもらえなかった場合は、マークシート付きの問題集を購入して、コピーして使い回すとよいです。僕はそうしていました(もらなかったわけではなく、用意してもらませんでした)。

重視する科目は?

科目としては、どこまで得点を狙いに行くかにもよりますが、センター試験利用の私立大学を併願している場合は落とせない科目が増えますよね。

そうなるとキーとなる教科、すなわち時間との勝負になってくる教科は、数学・英語・国語でしょう。その3教科に加え、自分が苦手だと認識している科目は重点的にやっておくことをおすすめします。

大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を”京大合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

  • センター試験理系 文系
京大合格者の過去問活用法トップへ戻る

関連記事を読む

  • センター試験理系 文系
HOME > 受験対策 > 京大合格者の過去問活用法 > センター試験 理系:工学部② 予想問題も活用しよう
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.