HOME > 受験対策 > 京大生のおすすめ勉強法 > おすすめ勉強ツール CASE6 実は便利なバスタオル

京大生のおすすめ勉強法
おすすめ勉強ツール CASE6
実は便利なバスタオル

工学部物理工学科 二村さん

今回は、僕が愛用していた3つの勉強グッズについてお話ししたいと思います。

おすすめの間食

夕食後に勉強に取り組み続けていると、少しずつおなかがさみしくなってきます。
そのとき必ず飲んでいたのが、インスタントやパックのコーンポタージュ(夏場はパックの冷たいもの、冬場はインスタントの暖かいもの)でした。

満腹になって眠くなる心配もなく、さっと作れて、なんだか安心する好きな味でした。「もうひと頑張りしよう!」と気合を入れ直すのに、私にとっては最適な間食でした。

おすすめの文房具

文房具はできるだけ持ち運ぶ量を少なく、そのかわり気に入ったものを厳選していました。
受験生活を終えて大分経ちますが、いまだに当時使っていたシャープペンシル(クルトガのローレットモデル/ブラック)は愛用しています。

意外と優れもの!のバスタオル

バスタオル?と思った方も多いと思いますが、意外と優れものなんです。これはタオルとしての用途以外で重宝しました。

たとえば折って椅子に敷けばクッション代わりになります。僕が通っていた高校は、教室によっては椅子がかなり固かったので助かりました。
もも側を薄く、背中側を分厚くすれば、よい姿勢が保てる効果もあります。

他にも、冷房がきつい夏や寒い冬には膝にかけてブランケット代わりにしたり、丸めれば仮眠用の枕代わりになったりと、本来とは違う用途でよく使い、一度使い始めたら手放せないアイテムになりました。

当時使っていたものではありませんが、これも今でも大学に持っていくことがあります。手触りや柄の気に入ったもの数枚をローテーションさせて使っていました。

ちょっとしたことのようですが、自分が気持ちよく勉強できる環境を作ることはとても大切だと思います。自分のお気に入りを見つけて頑張ってください。

『京大生のおすすめ勉強法』の他のテーマを読む

京大生のおすすめ勉強法トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 京大生のおすすめ勉強法 > おすすめ勉強ツール CASE6 実は便利なバスタオル
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.