HOME > 受験対策 > 京大生のおすすめ勉強法 > おすすめ勉強ツール CASE2 ボールペンの意外な活用法

京大生のおすすめ勉強法
おすすめ勉強ツール CASE2
ボールペンの意外な活用法

工学部 N.Hさん

今回は、私のおすすめ勉強ツールを3つご紹介したいと思います。

穴あけパンチ

私のおすすめ勉強ツールその1は、「ゲージパンチ・ネオ」(カール事務器)です。 高校生の頃、大量に配られるプリントの管理が大変で、どうしようか悩んでいたときに出会った道具です。これはプリントの端に一列の穴をあける道具で、配られたプリントをルーズリーフのように管理することができます。

A4でもB5でも使えますし、普通のルーズリーフとともにバインダーで保管できますので、おすすめです。
すこし値段は高いですが、何年も使うことができますので、思い切って買ってしまってはいかがでしょうか。私は今でも愛用しています。

京大ノート

その2は、京大生協で売っている「京大ノート」です。1冊280円くらいだったと思います。

ノートにしては高いですが、値段なんて気にならないほど使い心地がよいです。一枚一枚に京大のロゴが透かしとして入っていて、とても高級感があります。
ページが少しクリームがかっていて、私はよくボールペンで書いていました。サラサラ書けて、書き心地が最高です!

これは京大生協でしか買えませんので、京大を見学しに行ったときにまとめて何冊か買っていました。使っていると京大生の気分になれて、勉強がはかどりました。モチベーションアップにもつながりますので、おすすめです。

愛用ボールペン

その3は、「サラサ0.5ボールペン」(ZEBRA)です。
シャーペンで受験勉強を長時間していると、疲れてくると思います。そんなときに、筆圧をかけずサラサラ書くことができるこのゲルボールペンは、とても役立ちました。特に京大の数学や物理の過去問は計算量が多いですので、多用していました。

ボールペンの芯でモチベーションアップ

サラサは1本100円前後とお手頃価格で、替え芯だけだと60円くらいで買えたと思います。
使い終わった芯をペン立てに立てていくようにしたことで、自分の頑張りが可視化できて、モチベーションアップにつながりました。

『京大生のおすすめ勉強法』の他のテーマを読む

京大生のおすすめ勉強法トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 京大生のおすすめ勉強法 > おすすめ勉強ツール CASE2 ボールペンの意外な活用法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.