HOME > 受験対策 > 京大生のおすすめ勉強法 > 勉強継続法 CASE1 家で勉強できない人の継続法

京大生のおすすめ勉強法
勉強継続法 CASE1
家で勉強できない人の継続法

工学部 N.Hさん

勉強を習慣づけるコツ

僕は家で勉強できないタイプだったので、勉強を習慣づけるために高校や塾の自習室を利用していました。
具体的には、授業が終わったら自習室に行き、自習室が閉まるまで勉強してから家に帰るスタイルを習慣化しました。

最初は、すぐに家に帰りたくなることもありました。しかし、家に帰っても結局ダラダラしてしまい、後悔することになりました。

一人で実行しようとすると、どうしても自分に甘えてしまいがちでしたので、「何時までは勉強して一緒に帰る」と友達と約束するように工夫しました。この方法で、僕は高校1年生のとき、最低でも平日3時間は勉強できるようになりました。
また、休日のようにたくさん勉強できる日は、1日のタイムスケジュールを作って、それに従い勉強していました。

学年が上がるにつれ必要な勉強時間は増えていきますが、いきなり勉強時間を増やしても続かないので、徐々に増やすようにしましょう。

飽きない勉強方法

飽きない勉強方法としては、得意科目と苦手科目を交互にやる方法がおすすめです。
得意科目なら比較的やる気が起きると思いますので、まず得意科目を1時間くらい勉強した後に、苦手科目を30分くらい勉強しましょう。30分くらいなら嫌いな科目でも勉強できるはずです。

そのほか時々ですが、僕は敢えてキリの悪いところで勉強を中断したりもしました。
こうすることで、キリの悪いところで終わったことが気になり、次の日も勉強しようという気持ちになるからです。しかし毎回この方法をやると慣れてしまい、キリの悪いところで終わっても、なんとも思わなくなってしまうので注意が必要です。

どうしてもやる気が出ない日は

最後に、どうしても勉強がしたくない日はあると思いますが、そういう日は無理に勉強せずに自分の好きなことをやり、リフレッシュしましょう。中途半端にダラダラ勉強するのが一番よくないと思います。
そして、リフレッシュできたら次の日からまた頑張りましょう。

『京大生のおすすめ勉強法』の他のテーマを読む

HOME > 受験対策 > 京大生のおすすめ勉強法 > 勉強継続法 CASE1 家で勉強できない人の継続法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.