HOME > 受験対策 > 私の京大受験レポート > 文系:経済学部 宿探しも忘れずに!

私の京大受験レポート!(文系)
経済学部
宿探しも忘れずに!

G.N さん
経済学部
東京都 出身
2014年度 河合塾 新宿校 在籍大学受験科

二次試験1日目

二次試験1日目のスケジュール

  • 二次試験1日目のスケジュール試験
  • 二次試験1日目のスケジュール自習
  • 二次試験1日目のスケジュール睡眠
二次試験1日目のスケジュール
  • ※日程・時間は受験時のものです。
  • ※このスケジュールは経済学部 論文入試のものです。論文入試は2016年度入試より廃止されました。

会場に着くまで

私が宿泊したホテルは、現役時に泊まったところと一緒でした。初めて受験した現役生のときは慣れない土地ということもあってか心臓がバクバクでしたが、今回は二度目でしたので、淡々と食事などの準備を済ませることができました。

ホテルからはタクシーに乗り、15分ほどで試験会場に到着しました。会場ですが、学部と受験番号によって建物が異なりますので、試験前日の下見は必須です。でないと、当日あの広大なキャンパスの中で迷子になりますよ!

会場に着いてから試験中・試験の合間

なぜなのかは分かりませんが、京大の入試では試験30分くらい前にならないと、建物に入ることができません。ですので、何も知らない受験生は無駄に早く到着し、真冬の空の下で寒さに耐えながら待つことになります。

なるべくそのような時間を短縮するためにも、会場に到着する時間をあらかじめ考えておきましょう。カイロなどもあると役に立つかもしれません。

私自身の話に移ると、直前に少しトラブルがあり、試験中はずっと憤懣やるかたない気持ちでいっぱいでした。おかげさまで緊張が吹っ飛び、逆によい心理状態で試験に臨めたと思います。

休み時間中は何もやることがありませんので、京大近辺を1時間近く散歩して暇をつぶしました。外に出て新鮮な空気を吸いたいということもありましたが、それ以上に試験会場が醸し出すあの独特な雰囲気から逃れたかったのが本心でした。

試験終了後

1日目の試験がすべて終了し、迎えに来てくれた父親とともにタクシーでホテルに戻りました。試験終了直後はうまく論文が書けたか分からず、もやもやした気持ちでしたが、併願校の慶應大に合格したと父親が教えてくれたことで、幾分気が晴れました。

ホテルに帰った後は特に勉強をすることもなく、夕食をとったりホテル併設のサウナで汗を流したりと、まったりと過ごしました。

二次試験1日目のアドバイス

まず宿泊するホテルについて。

ホテルは秋頃から探し始め、遅くとも年末までには予約を押さえる必要があります。というのも、受験当日の前後2~3日は京都市内のどのホテルも京大受験生でほぼ満室になるからです。
ホテル探しを後回しにすると、受験どころか宿泊する場所がない、ということになるのでご注意を。

また私のように試験会場へはタクシーを利用する人もいると思いますが、その場合でも電車のアクセスの良いホテルに泊まった方がよいでしょう。もし雪でも降れば、タクシーやバスは大幅に遅れる可能性があります。最悪の事態を想定して、駅に近いホテルが最も無難でしょう。

続いて試験について。
私もそうでしたが、1つの試験が終わると、その試験の出来が非常に気になると思います。そのように不安になるのは皆一緒ですが、それを次の試験に引きずってしまうのはよくありません。無駄な心配によって集中力が低下し、さらなるミスにつながる危険があります。

私はそのようなときの対処法として、「自分は満点を取った」と自分自身に言い聞かせていました。満点だと思い込むことであらゆる雑念が一掃され、次の試験に向け意欲が高まります。パッと開き直って、明るい顔で試験を受けられるようにしましょう。

二次試験2日目

二次試験2日目のスケジュール

  • 二次試験2日目のスケジュール試験
  • 二次試験2日目のスケジュール自習
  • 二次試験2日目のスケジュール睡眠
二次試験2日目のスケジュール
  • ※日程・時間は受験時のものです。
  • ※このスケジュールは経済学部 論文入試のものです。論文入試は2016年度入試より廃止されました。

会場に着いてから試験中・試験の合間

私の記憶が正しければ、2日目は建物の外で待たされることなく、そのまま試験会場入りすることができました。2日目ともなると、「早く試験を終わらせて家に帰りたい」という気持ちが生じてきますが、そこは「あともうひと踏ん張り」と気持ちを押し殺しましょう。

私の思い描いていた作戦は、「英語で他の受験生よりも数十点高く得点しなければ、安心できない」というものでした。そのため、正直英語の試験前はかなり緊張しました。
ところが、いざ試験となると、開始1時間程度ですべての問題を解き終えてしまいました。

今までの京大対策模試でそのような事は一度もありませんでしたので、かえって不安に陥り、残りの1時間は間違い直しに躍起になっていました。その結果、大きなミスが1つ見つかり、試験終了までに何とか修正することができました。

限られた試験時間の中で行うのは大変ですが、皆さんも必ず間違いを探してください。「1つミスを発見したら合格点に1点近づく」と思って探してください。

試験終了後

1日目と同様に、父親と一緒にタクシーで戻りました。普通なら、「試験終わった!」と解放感に浸るところでしょうが、私は喜びも不安も何も感じませんでした。きっと、現役時と高卒時をあわせて2年間におよぶ長い受験生活が、この瞬間に終わったことが信じられなかったのでしょう。一種の虚脱状態だったのだと思います。

二次試験2日目のアドバイス

まずストレスとの向き合い方について。
京大の試験は体力的、精神的に相当な負担がかかります。半日で終わる私立大の試験とは異なり、2日間もの長丁場、そして無駄に長い2時間の昼休みもあります。当然ストレスが溜まるでしょう。
では、そのようなストレスを取り除き、リラックスした状態で受験するにはどうすればよいのか。

これは私の意見ですが、何か気休めとなるようなものを持って行くのがよいと思います。本を読んだり、音楽プレーヤーで音楽を聴いたりなど、リフレッシュできるものが手元にあると安心でしょう。
私の場合、幸いなことにホテルにプールとサウナが備わっていましたので、試験後はそこでゆっくり休んでいました。

そして、下宿探しについて。
ホテルの予約も大変ですが、下宿探しはそれ以上に大変です。京大下宿生はたいてい、自転車通学が可能なエリアに住んでいますので、自然と物件の数は限られます。

さらに、そのうちの大半が家賃の月額が5~7万円のアパートを借りますので、その価格帯の物件となると、ますます数が限られます。
したがって、3月末には条件の良い物件はすべて押さえられてしまうのが現状です。

「合格するかどうか分からないから、下宿探しはしなくても良い」と考える人もいるかもしれませんが、とりあえず物件を仮押さえしておくに越したことはありません(もし不合格の場合でもキャンセルが可能です)。
私の場合は、私が試験を受けている最中に、父親が近場の不動産店で物件を探してくれていました。

理系の先輩の記事を読む

夏休み攻略大作戦!トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 私の京大受験レポート > 文系:経済学部 宿探しも忘れずに!
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.