HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > スランプ脱出法 理系:農学部 私の長いスランプ

京大受験を乗り切るために(理系)
スランプ脱出法 農学部
私の長いスランプ

山本さん
やまもと あおい
山本 葵 さん
農学部 資源生物科学科
静岡県立浜松北高校 出身
2016年度 河合塾 浜松校 在籍大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を”京大合格”へと導く河合塾のコース

私は夏の模試の後、12月の冬期講習の頃までずっと成績が伸びませんでした。高卒生によくある「夏がピーク」パターンだと思います。
当時は単に自分の勉強不足かな、そういう時期もあるかな、と思って変わらず勉強していました。しかし、今振り返ってみるとその期間が私の長いスランプだったのだと思います。

私の長いスランプ

夏の模試でそこそこの結果が出た後、全統センター試験プレテストまで模試の成績が段々と下がっていきました。元々科目による得意・不得意の差がそれほどなく、模試も特定の科目が悪いということはなくて、全体的に上手くいかなかったり、小さなミスや普通ならしない間違いが多くあったりしている状態でした。

しかし、「ずっと集中していられる人なんていないだろう」と思っていたため、焦りが少なかったのかもしれません。それで勉強に集中できなくなったり、やる気が出なくなったりすることはなく、それまで通り、授業の予習・復習と単語帳をしていました。

また、受かることよりも、目の前の問題を理解して解けるようになることを目標として取り組んでいたことも影響している気がします。結果として、長いスランプ中にも勉強を続けることができたのがよかったのだと思います。

不安になったら相談しよう

私の場合は初めに書いたように、スランプだとは特に思っていなかったので、テキストの問題や勉強方法を講師の先生に質問する以外、特に誰かに相談することはありませんでした。

しかし、スランプや成績の伸び悩みは多くの人が経験するものだと思います。少しでも不安になったらチューターの方に相談したり、カウンセラーの先生(※)のところに行って精神状態を良くするお手伝いをしてもらったりするとよいと思います。

  • ※河合塾では各校舎にカウンセリングルームを設置しており、専門のカウンセラーにさまざまな相談をすることができます。

スランプを抜けて

勉強を続けていくうち、冬期講習の京大対策講座を受講した頃から、スランプを抜けたかなという変化を感じるようになりました。「京大英語」、「京大理系数学」、「京大物理」、「京大化学」を受講しましたが、予習でかなり解けて、授業も楽に理解できるようになっていました。
年明けしか対策の時間が取れなかったセンター試験でも自己ベストが出せ、センター試験後に京大の過去問集に取り組んでも、分かると感じられて楽しかったです。

結果が出ないとき、伸びていないと感じたとき、受からなければならないプレッシャーの中ではどうしても焦ると思います。しかし、頑張ったら受かるものでもないけれど、やるべきことをやるだけです。
心配してもどうにもならない成果に揺さぶられず、満足のいく受験生活を送ってください。

大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を”京大合格”へと導く河合塾のコース

文系の先輩の記事を読む

京大受験を乗り切るためにトップへ戻る
HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > スランプ脱出法 理系:農学部 私の長いスランプ
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.