HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > スランプ脱出法 文系:経済学部 原因をしっかり探って乗り越える

京大受験を乗り切るために(文系)
スランプ脱出法 経済学部
原因をしっかり探って乗り越える

A.Mさん

A.M さん
経済学部
千葉県立千葉高校 出身
2017年度 河合塾 千葉現役館 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

秋の全統マーク模試でつまずきが発覚

私がスランプに陥った時期は「第3回全統マーク模試を終えた11月あたりでした。センター試験まで残り約2カ月、その後の二次試験までは約3カ月と本番の試験が近づく中、何から手をつけてよいか、わからなくなりました

原因は、「第3回全統マーク模試」の結果が良くなかったことでした。あまり手をつけていなかった「理科基礎」や「倫理、政治・経済」が良くないのはもちろん、他教科も普段自分で解いているよりできていませんでした。
特に英語は散々で、文法問題に至っては半分ほどしか合っていないという有り様でした。

そろそろ二次試験対策もやりたいと思っていた矢先に、センターレベルでのつまずきが発覚し、何を勉強すればよいのか途方に暮れました。それに、「この時期に自分はまだこのレベルなのか……」と愕然とし、勉強への意欲までなくなってしまいました。

試験は待ってくれない

ですが、たとえ自分の勉強へのやる気がなくなったとしても、試験は待ってくれません。
そう思ったので、友達と会話してリフレッシュしたりしてなんとか自分を奮い起こし、毎日自習室へ通うことを続けました。

自分の弱点に向き合ってやり直す

そこからは、模試でできていた教科は二次試験を意識した勉強をし、できなかった教科は基礎に戻って確認し直す、という勉強方法をとりました。
特にひどかった英文法については、マーク式模試の過去問を使って文法問題だけをひたすら解き、間違えた問題を参考書で確認しノートにまとめるという勉強を続けました。この勉強をしているといかに自分の理解が足りていなかったかを思い知らされました。

と同時に、むしろこの時期に自分の弱点を知れてよかったと思いました。直前期だったら、なかなかこのような手間のかかる勉強はできなかったと思います。

自分の弱点に向き合い、勉強を進めていくうちに、だんだん苦手だった問題が解けるようになっていき、自然と勉強へのやる気も復活して、スランプから脱出できました。

重要なのは原因をしっかり探ること

スランプに陥ってしまったときに重要なのはその原因を探ることだと思います。
たとえば成績が伸びなかったら、それはどうしてなのか探り、勉強法を見直してみたり勉強環境を変えてみたりと、いろいろ試してみるのもよいかもしれません。

スランプは多くの人が陥るものです。焦らず自分を見つめ直し、乗り越えていってください。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

理系の先輩の記事を読む

京大受験を乗り切るためにトップへ戻る

理系の先輩の記事を読む

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > スランプ脱出法 文系:経済学部 原因をしっかり探って乗り越える
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.