HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > スランプ脱出法 文系:法学部 弱点分野の克服で自信をつける

京大受験を乗り切るために(文系)
スランプ脱出法 法学部
弱点分野の克服で自信をつける

大橋さん
おおはし あおい
大橋 葵 さん
法学部
愛知県立明和高校 出身
2016年度 河合塾 名駅校 在籍大学受験科
河合塾の大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を“京大合格”へと導く河合塾のコース

受験期には、誰でもスランプに陥る時期があると思いますが、私のスランプは秋頃でした。夏と秋に2回、「京大即応オープン」(模試)がありますが、夏から秋にかけて成績が伸びないどころか、下がってしまいました。

模試で弱点分野を見つけて克服

秋は現役生が追い上げてくる

もちろん、現役生が伸び始める時期でもある秋は、浪人生にとっては模試の結果は厳しいものになりがちです。しかし、予想以上に成績が落ちていて悪かったので、ショックを受けました。

特に数学の点数がとても下がっていました。数学は、問題によって点数が多少上下することはよくあるとはいえ、ある程度は安定して取れるようになりたい教科でした。

成績表で指摘された弱点分野を克服

模試が返却されるとき、成績表には点数や判定だけでなく、自分の弱点の分野が記載されています。たいていは、その模試であまり点数が取れていなかった問題の分野について書かれています。私は、成績表で指摘された弱点の分野を重点的に復習することにしました。

たとえば、京大の文系の試験では、確率の問題が出題されることがとても多いです。京大即応オープンなどの模試で確率の問題で得点があまり取れなかったときには、テキストの確率の問題を解き直したり、ノートを見直したり、参考書や過去問集・問題集(さまざまなレベルのもの)の確率の問題のうち、特に苦手な問題を解いたりしていました。

自習室でライバルの姿を見てやる気アップ

予備校や高校のクラスには、模試の成績が自分より良い人もいると思います。私が通っていた河合塾の京大クラスだと、ほとんどの人が「京大即応オープン」を受けるので、私の場合は、自分よりも成績の良いライバルが身近にたくさんいました。

私は「目に見えるライバルがいるとやる気が出るタイプ」だったので、模試の復習や弱点分野の勉強をするときには自習室に行って、ライバルたちを見ながら勉強していました。

そうした勉強を続けるうちに、直前期に行われる「京大本番プレテスト」(直前講習)ではある程度の点数が取れるようになっていました。スランプは「気づいたら脱出していた」という感じだったと思います。

成績が伸びない時期に「スランプかもしれない……」と悩み続けるよりは、模試の成績表などから弱点分野を確認し、その分野の問題をできるだけ解いて、「解けた!」という自信をつける方が良いのではないかと思います。
必要な対策を続けていくうちに、スランプはきっと克服できます。頑張ってください。

河合塾の大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を“京大合格”へと導く河合塾のコース

理系の先輩の記事を読む

京大受験を乗り切るためにトップへ戻る

理系の先輩の記事を読む

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > スランプ脱出法 文系:法学部 弱点分野の克服で自信をつける
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.