HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > 激励メッセージ 文系:教育学部 やる気が起きないあなたへ

京大受験を乗り切るために(文系)
激励メッセージ 教育学部
やる気が起きないあなたへ


Y.H さん
教育学部
兵庫県 神戸女学院高校 出身
2012年度 河合塾 大阪校 在籍大学受験科

今まで本当におつかれさまです。
今回は、あと少し、あと少しだけ頑張れるようなアドバイスができればなぁと思いますので、時間のある方やなんとなくやる気の起きない方に読んでいただけると嬉しいです。

二次試験直前期は自分が試される

二次試験直前期は高校も予備校も通常授業がなくなって、急に自由な時間が増えると思います。つまり、自分が試される時期です。
私は現役時代に、この期間を完全に無駄にしてしまった人間です。何をしてよいかも分からず、ただ時間を浪費してしまいました。一方で毎日必死に勉強していた友人たちはしっかりと合格していきました。

現役生のみなさん、みなさんはまだまだ伸びます。むしろ今からの頑張りで合否が決まります。

どうかあきらめないでください。最後まで貪欲に勉強してください。何をすればよいか分からなかったら、高校の先生でも部活の先輩でも予備校の講師でもよいので相談しましょう。家でうまく勉強できないなら、図書館や自習室に行くなり友人と同じ空間で勉強するなりしましょう。

「やる気が起きなければ、合格した後の楽しいことを想像してみましょう」……なんて、言いません。
不合格になってほかの大学に通うなり浪人している自分を想像してみてください。勉強しなければ、落ちます。そう思えば、やる気になれませんか?
後悔だけは残さないようにしましょう。

浪人生のみなさん、もう後がないと考えている方も多いと思います。そして、何をすべきなのかも分かっていると思います。それをしっかりとやり切ってください。

全員が同じスタートライン

直前期は、さまざまな不安があると思います。しかし京大入試の配点においては、センター試験の差は非常に小さなものです。つまり、全員が同じスタートラインに立っているということ。そこからどうなるかは、すべて、これまでとこれからのあなたの努力次第です。

正直、必死に勉強したからといって全員が報われるわけではありません。それでも、やらなければ報われることはありません。

大学生になれば本当に何でもできる自由な日々が待っています。私はみなさんに、ぜひとも魅力あふれる京都大学で大学生活を送ってほしいと思っています。
だから、あと少しだけ、頑張ってください。応援しています。

理系の先輩の記事を読む

京大受験を乗り切るためにトップへ戻る
HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > 激励メッセージ 文系:教育学部 やる気が起きないあなたへ
pageTop
  • 合格実績
  • Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.