HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > 激励メッセージ 理系:工学部① 不安をできるだけ減らす方法

京大受験を乗り切るために(理系)
激励メッセージ 工学部
不安をできるだけ減らす方法


N.H さん
工学部 物理工学科
三重県立四日市高校 出身
2013年度 河合塾 名古屋校講習利用

緊張して当たり前

受験本番は、多かれ少なかれ緊張すると思います。しかし、緊張して当たり前ですので、それをネガティブにとらえることはやめましょう。
私は前日の夜なかなか眠れず、寝られないことにとても焦ってしまいましたが、「1日くらい寝不足になってもなんてことない、何も考えず横になっておこう」と開き直ってみたら、すぐ寝ることができました。

そして、自分自身が今までやってきた勉強を思い出し、「やれることはやった、これで落ちても悔いはない」という気持ちで臨むようにしてください。「今までで一番よかった模試の成績表をお守り代わりに持っていく」ということも有効だと思います。

当日は休み時間に参考書やノートを見返すと思いますが、ページをめくるときはゆっくりとめくりましょう。早くめくると、だんだんあせってくるからです。

持って行くとよいもの・悪いもの

当日に持っていく参考書も、各教科1冊までにしておきましょう。たくさん持っていきたい気持ちはわかりますが、重たいうえ、すべての参考書に目を通すことは不可能に近いです。割り切って、一番思い入れのある参考書を持っていきましょう。
ちなみに自分は、過去問集は重いので持っていきませんでした。

また、朝は相当冷えるので、カイロが必須だと思います。温度調節しやすいように、着たり脱いだりしやすい恰好にしましょう。

昼ごはんは学食を使用することもできますが、混雑が予想されますので、持参する方がよいと思います。水筒に味噌汁やスープなど温かい物をいれておくと、体も心も温まります。
そして、試験本番ではとても頭を使います。甘い食べ物、例えばチョコレート等も持参するとよいでしょう。

京大受験の豆知識

余談ですが、京大は受験当日、本部キャンパスの正門前がとても混雑します。正門以外の門から入るようにしましょう。前日に受験会場を下見しておくことも必須です。

前日に下見しておくだけで、当日の不安が減ると思います。ただでさえ緊張状態ですので、不安は減らせるだけ減らしておきましょう。

文系の先輩の記事を読む

京大受験を乗り切るためにトップへ戻る
HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > 激励メッセージ 理系:工学部① 不安をできるだけ減らす方法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.