HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > 2学期以降の過ごし方 文系:法学部 2学期の苦手な数学との向き合い方

京大受験を乗り切るために(文系)
2学期以降の過ごし方 法学部
2学期の苦手な数学との向き合い方

大橋さん
たかみ さえ
高見 沙英 さん
法学部
愛知県立刈谷高校 出身
2016年度 河合塾 名駅校 出身大学受験科
河合塾の大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を“京大合格”へと導く河合塾のコース

2学期になると、現役生は部活が終わる人も増え、大学受験科生は完成シリーズに入り、いよいよ受験勉強も本格化という雰囲気が出てくると思います。今回は完成シリーズ(2学期)の苦手科目の勉強の仕方と受験ストレスの2点についてお話ししたいと思います。

難しくなった数学との向き合い方

完成シリーズに入って、私が一番難易度の変化を感じた教科は数学でした。

復習したのに解けない

私はもともと数学がとても苦手で、基礎シリーズ(1学期)中ですら各講で2問解ければ良い方、1問も解けないなんてことがざらにありました。
夏休み中にさんざん基礎シリーズの復習をしたのですが、それでも完成シリーズはとても難しく感じられ、1問も解けないことが普通になっていました。

授業で講師の問題解説を聞くと、基礎シリーズで習った知識を使って解いている場合がとても多く、あんなに復習したのにまだ解けないのか……と焦りを感じました。しかし、焦っても解けないものは解けません。

そこで気持ちを切り替えて、完答できなくてもあまり気にしないようにして、予習にある程度時間をかけることと、授業の解説で学ぶことを重視しました。授業後にはその日授業でやった問題の解説を熟読し、答えを見ずに自分で解答を組み立てられるように解き直しました。そうすることで少しずつ、易しめの問題であれば解けるようになっていきました。

難問よりも易しい問題を解けるように

特に難しい問題は、授業の解説を聞いた後で質問したり、友達に教えてもらったりしても、よくわからないことがありました。そうした問題は、どんな知識を使って解いているかだけを頭に入れ、解き直しはしませんでした。

数学が得意な人は別ですが、数学が苦手な私にとっては、そういった難しい問題にこだわるよりも、比較的易しい問題を解けるようにすることの方が重要だったからです。

2学期は、苦手な数学についてはこのような方法で対策していきましたが、その他の教科については基礎シリーズとあまり変えずに、予習→授業→復習のサイクルを繰り返していました。

2学期からはストレスにも注意

秋になるとどんどん入試が近づいてきているのがすごくわかり、そのストレスでやる気がなくなったりしました。やる気がなくなってしまったときやストレスを感じたときは、映画を観たり、京都が舞台の小説を読んだりして、少しでもモチベーションを上げ、とりあえず勉強していました。

2学期は精神的なストレスを抱えやすいとは思いますが、ぜひ自分に合った勉強法で受験までの時間を乗り切ってください。

河合塾の大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を“京大合格”へと導く河合塾のコース

理系の先輩の記事を読む

京大受験を乗り切るためにトップへ戻る

理系の先輩の記事を読む

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > 2学期以降の過ごし方 文系:法学部 2学期の苦手な数学との向き合い方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.