HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > 勉強がはかどる方法 文系:経済学部 勉強に飽きたときのおすすめ勉強法

京大受験を乗り切るために(文系)
勉強がはかどる方法 経済学部
勉強に飽きたときのおすすめ勉強法

A.Yさん

A.Y さん
経済学部
千葉県立千葉高校 出身
2017年度 河合塾 千葉現役館 在籍高校グリーンコース
河合塾の高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

今回は、勉強に集中するために私が行っていたことを、いくつか紹介したいと思います。

音楽を聞く

長時間勉強していると、飽きてきてしまうことが多かったです。
そういったとき、私は勉強しながら音楽を聞きました。音楽で勉強に集中できるかは人それぞれだと思いますが、私の場合は聞き流す程度にすれば集中できました。

音楽のジャンルとしては、歌詞が頭に入ってきてしまうJ-POPよりも、何を言っているかあまり分からない洋楽が多かったです。
キャッチーすぎるものや激しすぎるものは、もしかしたら勉強には向かないかもしれませんが、そこも含めていろいろ試してみるとよいと思います。

眠いときは無理せず寝る

多くの人が勉強中の眠気に悩まされていると思います。私の場合は、お昼を食べるとたいてい眠くなってしまい、14時あたりは起きているのかいないのか分からないような状態で勉強していたことが多かったです。

そういうときは開き直って、30分程度寝てしまうのがおすすめです。眠気に抵抗しても、目が覚めることは稀です。むしろ努力も虚しく眠気に負けて寝てしまうことがほとんどでしょう。
それなら抵抗せず素直に寝た方が、結果的に集中して勉強している時間は長くなると思います。

悩んでいるときこそ友達と話す

受験期間中はどうしても自分一人で悩みがちになります。追い詰められて、勉強時間を確保するために、人と極力距離を取ろうとする人もいるかもしれません。
でもそれはあまりおすすめしません。

追い詰められているときこそ、友達とおしゃべりをすることが効果的だと思います。
友達と話せば気晴らしになり、悩みを共有すれば気が楽になります。私の場合、模試の判定がずっと悪かったので、そのことを友達に相談していました。

もしくは、勉強のことを忘れて世間話を楽しむのもよいと思います。くれぐれも一人で自分を追い詰めすぎないようにしてください。

どれだけ集中して勉強に取り組んだかが大事

中には、寝たり友達と話したりすることを、時間の無駄だと思う人もいるでしょう。ですが受験は、「1秒でも長く勉強していた人が受かる」というものではありません。大切なのは、勉強時間よりもどれだけ集中して勉強に取り組んだかという勉強の密度だと思います。

人間誰しも、ずっと集中し続けるのは不可能です。限られた時間をより効率的に使うためにも、適度なリフレッシュは大切だと強く感じます。

河合塾の高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“京大現役合格”へと導く河合塾のコース

理系の先輩の記事を読む

京大受験を乗り切るためにトップへ戻る

理系の先輩の記事を読む

あわせて読みたいコンテンツ

HOME > 受験対策 > 京大受験を乗り切るために > 勉強がはかどる方法 文系:経済学部 勉強に飽きたときのおすすめ勉強法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.