HOME > 大学情報 > 京大生の就職状況 2017年度

京大生の就職状況
京大生の就職状況 2017年度

京大生は卒業後、どのような職業に就くのでしょうか。学部卒業者と大学院修了者それぞれの就職先について見ていきましょう。

2017年度京都大学学部卒業者と大学院修了者の就職状況についてまとめました。

※京都大学公表資料を基に作成しています(2018年5月現在)。

京都大学の学部卒業生の進路

京都大学の学部卒業生2,929名のうち、57%にあたる1,660名が大学院に進学し、34%にあたる984名が民間企業・官公庁など各方面に就職します。
グラフからもわかるように、半数以上が大学院へと進む点が非常に特徴的です。京大生にとって、大学院は身近な存在だと言えるでしょう。

学部卒業生の進路

グラフ1

※小数点以下を四捨五入しています。

就職者の産業別就職状況(学部卒業者)

学部卒業者の就職先を産業別に見ていくと、サービス業が235名(23.9%)で最多となっています。次いで情報通信・運輸・郵便業、金融・保険業などが多いほか、公務員も85名(8.6%)と高い割合を占めています。

順位 業 種 人数 割合
1 サービス業 235 23.9%
2 情報通信・
運輸・郵便業
187 19.0%
3 金融・保険業 173 17.6%
4 製造業 146 14.8%
5 公務員 85 8.6%
6 卸売・小売業 70 7.1%
7 建設業 30 3.0%
8 電気・ガス・
水道業
28 2.8%
9 不動産・
物品賃貸業
19 1.9%
10 農業・林業・漁業 2 0.2%
11 鉱業・採石業・
砂利採取業
0 0.0%
  上記以外 9 0.9%
  984  

京都大学の大学院修了者の進路

京都大学の大学院修了者(※)3,348名のうち、64%にあたる2,151名が製造業をはじめサービス業など各方面に就職します。一方、14%にあたる478名がさらに大学院などに進学している点も特徴的です。

※博士後期課程・博士後期課程(一貫)・修士課程・専門学位課程の合計です。

大学院修了者の進路

グラフ2

※小数点以下を四捨五入しています。

就職者の産業別就職状況(大学院修了者)

大学院修了者の就職先を産業別に見ていくと、製造業の割合が871名と40.5%を占め、学部卒業者(14.8%)と比べ高くなっています。以下、サービス業、情報通信・運輸・郵便業と続きます。

順位 業 種 人数 割合
1 製造業 871 40.5%
2 サービス業 589 27.4%
3 情報通信・
運輸・郵便業
265 12.3%
4 金融・保険業 112 5.2%
5 建設業 82 3.8%
公務員 82 3.8%
7 卸売・小売業 59 2.7%
8 電気・ガス・
水道業
48 2.2%
9 不動産・
物品賃貸業
13 0.6%
10 鉱業・採石業・
砂利採取業
2 0.1%
11 農業・林業・漁業 1 0.0%
  上記以外 27 1.3%
  2,151  
HOME > 大学情報 > 京大生の就職状況 2017年度
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.