HOME > 大学情報 > 私の京大学部紹介 > 京都大学 法学部

私の京大学部紹介
京都大学 法学部

2回生 Aさん

京都大学法学部で学ぶこと

私が在籍している京都大学法学部では、法律学や政治学が学べます。
京都大学の法学部は学科制を取っていないので、法律学と政治学のどちらの授業も受けることができます。また、必修科目がほとんどなく、法律学や政治学のいろいろな科目から、自由に自分の好きな科目を履修することができることも、大きな特徴です。

京都大学法学部は大変?

私は2回生では、憲法、民法、刑法といった基本的な法律科目や、政治学科目などを履修していました。法学部の科目は週2コマのものが多いので、試験の前は勉強量も多く、かなり忙しいです。くわえて、他の学部よりも試験が少し遅い時期にあるので、法学部の試験期間中は図書館にいる人のかなりが法学部生、なんてこともあります。

また、留年率(4年で卒業できない人の割合)が高いことも有名で、入学者の3割くらい、約100人は留年するといわれているようです。このように、しっかりと勉強しないといけないので、「法学部は大変」と言われがちなのだと思います。

京都大学法学部の進路

将来の進路としては、法曹(弁護士、裁判官、検察官)をめざす人が多く、そうした人のほとんどはロースクール(法科大学院)に進学します。だいたい学年の4分の1くらいだと思います。

法学部というとみんなが法曹になるように思われることがありますが、実際にはそうとも限りません。 それ以外にも、国家公務員(官僚)や、地方公務員をめざす人もいますし、もちろん、民間企業に就職する人も多くいます。法学や政治学の研究者になるために大学院に進学する人もいます。

将来の進路が幅広く考えられるので、「まだ将来自分が何をやりたいのかわからない」という人もいます。

京都大学法学部の学生

法学部の男女比は、私の入学年度では女子が25%くらいでした。文系だから女子が多いと思われることがありますが、京都大学の中では中間くらいだと思います。

また、内部のつながりとして、京都大学の法学部には法律系のサークルがいくつもあり、勉強会をしたり自分の興味のあるテーマについて発表したりすることができます。

同じ学部の同級生や先輩とたくさん知り合うことができるので、とてもためになります。「自分も頑張らなきゃ」と刺激にもなりますし、試験のときには過去問をくれたり教科書を貸してくれたりと、とても助かります。

京都大学の法学部は、もともと自由の学風をうたう京都大学において、多様な人材を輩出するためにつくられたと聞いたことがあります。それは官僚養成が目的ではない、という意味ですが、その当初の目標どおり、多種多様な人がいる学部だと思います。

少しでも京大法学部に興味を持ったら、ぜひより深く調べたり、見に来たりしてみてください。

理系の先輩の記事を読む

私の京大学部紹介トップへ戻る

理系の先輩の記事を読む

HOME > 大学情報 > 私の京大学部紹介 > 京都大学 法学部
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.