HOME > 京都大学 合格体験記2018 > 京都大学 農学部資源生物科学科合格(大阪校)

京大合格体験記2018
基礎シリーズのテキストを
ひたすら反復して苦手克服

2017年度 大阪校
農学部資源生物科学科合格
2017年度 河合塾 大阪校 在籍大学受験科
卯川 亜美さん
大阪府 開明高校 出身
大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を京都大学"合格"へと導くコース

受験勉強を振り返って、今の気持ちをお聞かせください。

現役のときに僅差で京都大学に落ち、そのくやしさを引きずっての高卒生の一年間でした。

僅差だから次は絶対に合格できるなどと思い込んで勉強をさぼってしまうのが一番怖かったですし、自分の行きたい学科には全然届いていなかったので、一年間常に「もっと勉強しないとだめだ」という意識を持ち続けていました。合格してようやくその意識から解放されました。

2017年度 大阪校

センター試験と二次試験のできはどうでしたか?

高卒時のセンター試験は、解いた手ごたえとしては現役のときとあまり変わりませんでしたが、2日目の夜に自己採点をしてみると50点ほど伸びていました。

二次試験は、私は理系科目が苦手で現役のときは3~4割ほどしか取れなかったのですが、高卒時は本番を終えたときに「今年はいけたな」という感覚を得ました。

センター試験の本格的な対策はいつから、どのように行いましたか?
また、過去問はいつから、どのくらい解きましたか?

私は基礎がしっかり固まっていればセンター試験は解けると考えていたので、過去問を使っての対策は少し遅いかもしれないですが、クリスマスから始めようと決めていました。

センター試験対策一本に切り替えてからは1日に1年分、時間を計って全科目解き、年度ごとに合計何点取れたか、農学部の傾斜だとどれくらいになるのか、をすべてメモして目標との差を測っていました。

二次試験の対策をどのように行いましたか?
また、過去問はいつから、どのくらい解きましたか?

基本的にはずっと河合塾のテキストばかり解いていました。より基本的・本質的な問題の方が、汎用性が高く、似た問題が出たときに同じような考え方を使って解ける場合が多いからです。

ですが、数学はそれでも不安だったので、本番直前に2週間で『京大の理系数学25カ年』(教学社)のA問題とB問題だけを選んで1周しました。

苦手科目はどのような対策を行いましたか?

私は理系科目が圧倒的に苦手で、特に数学と物理が最弱でした。なのでこの一年間、思い返すとほとんどの時間をその2つに使ったような気がします。

夏期講習期間に基礎シリーズ(1学期)のテキストを、解法を覚えるぐらいまで何度も何度もひたすら反復しました。あと、授業の際に板書を写すだけでなく、講師が何気なく言ったたとえ話などをノートのはしっこにメモしておくと、後で見返したときに授業の内容を思い出しやすくて便利でした。

受講していた授業について教えてください。

トップレベル京大理系コース」に通っていました。同じコースに東大志望の人たちもいたのですが、東大をめざしている人は意識が高い人が多く、そんな人たちの姿を間近で見て、自分も大いに感化されたので、個人的にはそこが良かったと思います。

また、完成シリーズ(2学期)は自分にとってかなり難しく、授業で若干おいて行かれ気味でしたが、必死について行ってなんとか頑張りました。

河合塾でよかったことは何ですか?

何より授業の質の高さです。4月に授業が始まって、それまである程度勉強してきたつもりだったのに、全然知らないことを次々と教えられたときのあの衝撃は今でも覚えています。

河合塾の講師は、問題をできるだけ速く楽に解くテクニックではなく、一見大変だけど、それさえしっかりと身につければ他の問題も解けるような本質的な解法を教えてくれました。
なので、ひらめく人はひらめくけど、そうでない人は無理!というものはなかったです。

来年の受験生にアドバイスをお願いします。

私は夏休みにあまり講習を取らず、基礎シリーズの復習に徹しました。ですが講習を取らないと、その分家から出るきっかけがなくなります。

そこで一緒にお昼ご飯を食べたり一緒に帰ったりしてくれる友達を見つけて、半強制的に塾に登校し、毎日朝8時(大阪校の開館時間)から夜9時(大阪校の閉館時間)まで勉強しました。
結構きつかったですが、直前期の不安なときに、「あの時あれだけやったんだから」という心の支えにもなりました。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

常に明るく、社交的な性格で多くの友達に囲まれていた卯川さん。非常に努力家で、弱気は見せず、合格に向けて人一倍努力をしていました。

自己分析を怠らず、模試の成績表が返却される度に課題を分析していました。また、河合塾のテキストを信じ、何度も何度も繰り返すことを心掛けたことで大きく成績を伸ばしました。
大学では夢の実現に向け、大きく羽ばたいてください。

2017年度 大阪校チューター

石橋 佑基

河合塾 大阪校

〒531-0072
大阪府大阪市北区豊崎 3-13-1
TEL:0120-070-471

  • 詳細はこちら
河合塾 大阪校
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を"京大現役合格"へと導く河合塾のコース
大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を京都大学"合格"へと導くコース
HOME > 京都大学 合格体験記2018 > 京都大学 農学部資源生物科学科合格(大阪校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.