HOME > 京都大学 合格体験記2017 > 経済学部 合格(新宿校)

京大合格体験記2017
まずは英語と地歴を鍛えよう

2017年度 新宿校
経済学部 合格
2016年度 河合塾 新宿校 在籍高校グリーンコース
大道 一毅 さん
東京都 海城高校 出身
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を"京大現役合格"へと導く河合塾のコース

受験勉強を振り返って、今の気持ちをお聞かせください

僕は、京大を志望し始めた時期も受験勉強を本格的に始めた時期も遅く、やらなければならないことに追われ続けていました。

12月頃にはセンター試験も迫り、終わっていないことも多くかなり焦りました。そのような中でなんとか合格することができて、とても嬉しかったです。

センター試験と二次試験のできはどうでしたか?

センター試験では、いつも高得点が取れていた国語や理科基礎で失敗してしまい、自分の目標としていた点数に届きませんでした。ですので、二次試験で何とか取り返そうと考えました。

しかし、二次試験の1日目に得意科目であった数学で大失敗してしまいました。不合格になってしまうと思いましたが、2日目の英語と日本史を頑張ってなんとか合格することができました。

2017年度 新宿校

センター試験の本格的な対策はいつから、どのように行いましたか?
また、過去問はいつから、どのくらい解きましたか?

高校の授業で1学期からセンター試験の対策をしていました。自分で対策を始めたのは、数学のみ11月の中旬から、それ以外の科目は12月初旬からです。

過去問は、英語は5年分、数学は2年分、国語は10年分、日本史は20年分、倫理・政治経済は5年分それぞれ解きました。それ以外の足りないと感じた部分は、予想問題集や倫理と政経の過去問で補いました。

二次試験の対策をどのように行いましたか?
また、過去問はいつから、どのくらい解きましたか?

二次試験の対策は、過去問演習を中心に行いました。
英語の過去問は夏の終わり頃から、国語は秋の初め頃から、数学は秋頃から、日本史は冬の初め頃から行い、数学以外は10年分ほど、数学のみ15年分ほど解きました。
また、市販されている予想問題集も活用しました。

苦手科目はどのような対策を行いましたか? また、得意科目をさらに伸ばすためにどのような対策を行いましたか?

二次試験の国語が苦手でしたが、行ったのは最低限の対策のみです。
得意科目であった数学に関しては、一度解いた問題をしっかり復習しました。同じく得意科目の日本史は用語集を読み、知識の幅を広げました。

河合塾でよかったことは何ですか?

河合塾の授業では、自分にあったレベルを選ぶことができ、またどの授業も魅力的で楽しかったです。
チューターが提供してくれる情報も、具体的で質の高いものが多く、とても役に立ちました。

来年の受験生にアドバイスをお願いします

自分は文系なので、文系の方へのアドバイスになりますが、とにかく英語と地歴は、失敗することの少ない科目です。その2科目で高得点を取れるようにした後、数学を固めて行った方がよいと思います。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

大道さんは、自分で立てた勉強計画をしっかり見直して修正することのできる優秀な生徒でした。
自分が今やるべきことを知るためには、自分は何ができて、何ができないかをきちんと把握することが大切です。それを彼は自然にできていたのだと思います。

これから受験以上に悩んだり苦しんだりすることがあるかもしれませんが、受験と同じように自分の実力を信じて乗り越えていってください。

2017年度 新宿校チューター

梶原 遥

河合塾 新宿校

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-12-1
TEL:0120-198-520

  • 詳細はこちら
河合塾 新宿校
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を"京大現役合格"へと導く河合塾のコース
HOME > 京都大学 合格体験記2017 > 経済学部 合格(新宿校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.