HOME > 京都大学 合格体験記2017 > 工学部 物理工学科合格(京都校)

京大合格体験記2017
「わかったつもり」をなくす方法

2017年度 京都校
工学部 物理工学科合格
2016年度 河合塾 京都校 在籍高校グリーンコース
中島 昌治 さん
京都府 洛星高校 出身
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を"京大現役合格"へと導く河合塾のコース

合格おめでとうございます。受験勉強を振り返って、今の気持ちをお聞かせください

遊びをすべて断ち切って、本当に単調な期間でしたが、結果がうまくいって良かったです。
一番苦しかった時期は、センター試験の勉強をしていた時期です。苦手科目ばかり勉強していたので......。

ただ、これからは大学でもっとしんどい勉強が待っていると思いますので、気を引き締めなおす思いです。

センター試験と二次試験のできはどうでしたか?

どちらも、手ごたえは本当によくありませんでした。特に二次試験がよくないと感じました。
しかし、センター試験は実際に採点してみると、思ったほど悪くはありませんでした。

2017年度 京都校

センター試験の本格的な対策はいつから、どのように行いましたか?
また、過去問はいつから、どのくらい解きましたか?

センター試験の勉強は、12月頃から始めました。そこからセンター試験までは、ほぼ二次試験の勉強はしていませんでした。
やるとしても、英語と数学だけでした。

僕は日本史選択でしたので、日本史は20年分ほど、最新のものから順に解きました。
間違ったところはすべてノートに書き、後に見直しをしました。

二次試験の対策をどのように行いましたか?
また、過去問はいつから、どのくらい解きましたか?

11月頃までは過去問以外を、どの教材も3周はしていました。河合塾の授業はテスト形式でしたので、復習のときはまず解き直しをしました。
過去問は11月になってからだったと思います。理数科目は25年分解きました。英語は、あまり量はできませんでしたが、英作文はすべて添削してもらいました。

苦手科目はどのような対策を行いましたか?

英語と化学が苦手でしたが、英語は単語を覚えることでかなり改善できたと思います。
化学は、覚えられる無機化学や酸化還元反応はすべて覚えてしまって、後は有機分野や高分子を解けるようにしました。

物理は得意でしたが、センター試験対策期間で力が落ちていて、センター試験後の講座で勘を取り戻せたと思います。

河合塾でよかったことは何ですか?

スタッフや担当チューター(進学アドバイザー)です。気さくな方が多く、気軽に接しやすくて、河合塾自体にも足を運びやすかったです。
勉強やそれ以外のことでも、相談に乗ってくださったので本当に助かりました。

来年の受験生にアドバイスをお願いします

風邪をひかないことが一番大切だと思います。風邪をひいてしまうと最低2日は潰れてしまうので損です。

勉強面では、わからないことがあれば誰かに聞いて確実になくすようにしましょう。
あと、「わかったつもり」も怖いので、一度間違えたところは最低3周するとよいと思います。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

中島さんは、高校では部活を頑張っていたので、本格的な受験勉強のスタートは夏からでした。その分、夏以降の集中力はすばらしく、とことんストイックに自分を追い込む姿が印象的でした。

一方、チューターとコミュニケーションが取れていたので、適度な気分転換やモチベーションの維持に繋げられていたのではないかと思います。大学に入ってやりたいこともはっきりしているので、京大生として更なる活躍を期待しています。

2017年度 京都校チューター

木村 裕靖

河合塾 京都校

〒604-8131
京都府京都市中京区三条通東洞院東入ル菱屋町41-2
TEL:0120-070-475

  • 詳細はこちら
河合塾 京都校
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を"京大現役合格"へと導く河合塾のコース
HOME > 京都大学 合格体験記2017 > 工学部 物理工学科合格(京都校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.