HOME > 京都大学入試情報2018 > 2018年度入試 センター・リサーチから見た京大(京都大学)志望動向

2018年度入試情報
2018年度入試 センター・リサーチ
から見た京大志望動向

2018/1/19 掲載
※2018年度入試情報は、2018年4月入学予定者向けの情報です。

2018年1月13・14日に実施され、58万人の受験生が挑戦した大学入試センター試験の結果を、40万人を超える受験生の自己採点結果を集計・分析した河合塾の「センター・リサーチ」。そのデータをもとに、京大志望動向についてお伝えします。

京大全体の動向

工学部・農学部・総合人間学部で出願予定者が増加

センター・リサーチでの京都大学全体の前期出願予定者は7,003人(前年比99%)と前年並みとなりました。前年以上の出願予定者を集めている学部は、工学部・農学部・総合人間学部です。
また、2018年度入試より、薬学部がこれまでの学科単位での募集から、学部一括募集となっています。

募集人員・出願予定者数

学部名 学科名・方式 募集人員 出願予定者数[全体] 出願予定者数[現役]
昨年 今年 昨年 今年 前年比 昨年 今年 前年比
人文 210 210 673 670 100% 537 532 99%
教育 教育科学文系 44 44 162 146 90% 133 121 91%
教育科学理系 10 10 52 43 83% 44 33 75%
前期 300 300 708 656 93% 544 477 88%
特色(後期) 20 20 405 369 91% 296 302 102%
経済 経済経営文系 180 180 571 586 103% 446 452 101%
経済経営理系 25 25 153 126 82% 143 116 81%
306 306 729 716 98% 618 613 99%
地球工 174 182 246 283 115% 205 230 112%
建築 80 78 303 258 85% 245 217 89%
物理工 235 230 620 641 103% 518 537 104%
電気電子工 125 125 307 312 102% 262 274 105%
情報 87 87 336 373 111% 290 324 112%
工業化学 228 228 362 331 91% 282 268 95%
学部名 学科名・方式 募集人員 出願予定者数[全体] 出願予定者数[現役]
昨年 今年 昨年 今年 前年比 昨年 今年 前年比
資源生物科学 91 91 194 192 99% 161 161 100%
応用生命科学 44 44 147 179 122% 122 146 120%
地域環境工 34 34 41 40 98% 35 32 91%
食料・環境経済 29 29 63 72 114% 51 64 125%
森林科学 54 54 78 92 118% 61 74 121%
食品生物科学 30 30 144 120 83% 122 98 80%
102 102 279 279 100% 226 224 99%
人間健康科学 70 70 221 180 81% 182 147 81%
  77 74 221 205 93% 191 176 92%
総合人間 総合人間文系 62 62 288 297 103% 237 241 102%
総合人間理系 53 53 205 206 100% 165 175 106%

学部別の京大志望動向

文学部

出願予定者は670人(前年比100%)となっています。予想ボーダー得点率は87%と、2017年度入試より1%ダウンしました。

得点率90%以上の出願予定者が前年に比べ減少していますが、ボーダーラインから注意ラインの出願予定者は前年並みとなっています。

教育学部

学部全体の出願予定者は189人(前年比88%)と減少しています。文系の出願予定者は146人(前年比90%)、理系の出願予定者は43人(前年比83%)でした。

文系の予想ボーダー得点率は86%、理系の予想ボーダー得点率も同じく86%です。第1段階選抜は、文系はなしの見込み、理系は得点率76%を予想します。

法学部

前期日程の出願予定者は656人(前年比93%)と減少しています。予想ボーダー得点率は86%となりました。

特色入試として実施されている後期日程は、出願予定者369人(前年比91%)と減少しました。東大・京大の前期日程出願予定者の併願先となっており、予想ボーダー得点率は91%となっています。
第1段階選抜は得点率85%を予想します。

経済学部

出願予定者は、文系が586人(前年比103%)と増加、理系が126人(前年比82%)と減少しました。
文系・理系とも、予想ボーダー得点率は86%です。
第1段階選抜は、文系はなしの見込み、理系は得点率76%を予想します。

理学部

出願予定者は716人(前年比98%)となっています。得点率76%未満での出願予定者が減少しており、入試難易度への大きな影響は見られないため、予想ボーダー得点率は2017年度入試結果と同様の86%となっています。

工学部

学部全体の出願予定者は2,198人(前年比101%)と前年並みです。

出願予定者数は人数の多い順に、物理工641人(前年比103%)、情報373人(前年比111%)、工業化学331人(前年比91%)、電気電子工312人(前年比102%)、地球工283人(前年比115%)、建築258人(前年比85%)となり、模試の動向どおり、情報・地球工が人気となっています。

学部の全体的な傾向としては、センター試験での配点比が高い地歴・公民が易化した影響で、得点率80%以上の出願予定者が増加しました。

農学部

学部全体の出願予定者は695人(前年比104%)と増加しています。

出願予定者が多い順に、資源生物科学192人(前年比99%)、応用生命科学179人(前年比122%)、食品生物科学120人(前年比83%)、森林科学92人(前年比118%)、食料・環境経済72人(前年比114%)、地域環境工40人(前年比98%)となりました。

前年と同様にセンター試験の国語の平均点が低かった影響で、成績分布としては、全学科で得点率80%以上の出願予定者が減少しています。

医学部

医学科の出願予定者は279人(前年比100%)と2017年度入試と同数でした。
得点分布は前年と変化は見られず、予想ボーダー得点率は2017年度入試と同様の91%としています。

2017年度入試から学科一括募集となった人間健康科学科は、出願予定者180人(前年比81%)と減少していますが、主に得点率75%未満が減少しており、入試難易度への大きな影響はないと思われます。
予想ボーダー得点率は2017年度入試と同じ82%です。

薬学部

薬学部は2018年度入試より学部一括での募集に変更となっています。
出願予定者は205人で、2017年度入試の2学科の合計と比較して93%と減少しています。成績分布は前年とほぼ同じとなっており、予想ボーダー得点率は2017年度入試と同じ86%です。

総合人間学部

出願予定者は文系297人(前年比103%)、理系206人(前年比100%)となっています。

総合人間学部はセンター試験で得点化される科目が少なく、文系は理科基礎、理系は地歴・公民のセンター試験平均点アップの影響もあり、予想ボーダー得点率は2017年度入試から文系は1%アップの94%、理系は4%アップの90%となりました。

第1段階選抜の得点率は、文系78%、理系76%と予想します。

HOME > 京都大学入試情報2018 > 2018年度入試 センター・リサーチから見た京大(京都大学)志望動向
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.